雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

哲学入門

ものを書く人

投稿日:

もの書く人である太宰は、もの書かぬ人の全身を使っての抗議に、ただ頭を下げるだけである。もの書く人太宰は、もの書くことの「正義」という名の不正義を知る数少ない作家である。だから、もの書かぬ人の乱暴狼稿にも文句をいわない。文句をいわれないから、もの書かぬ人はいっそう惨めな気持ちになる。

もの書かぬ人はそのことを本能で知っているものだから、ひどく悲しくて、もの書く人の前に来て悪さをするのである。もの書く人ともの書かぬ人は不倶戴天の敵同士である。そして、ふだんはそのことに気づかぬふりをしているのである。だが、「親友交歓の中で、もの書く人ともの書かぬ人はそのことに徹底的に気づくのである。

「この溝は超えられぬ。だから、お前はいつまでもその不正義を行使するがいい。おれは死ぬまで、お前のやることを見ているぞ」といっているのである。そのことをもの書く人にいえるのは、もの書く人の敵だけである。

馬鹿なのはもの書く人の方である。なにをしていいのかわからぬのである。だから、もの書かぬ人は先に「威張るな」といったのである。それは「わかった」ということなのだ。「お前の立場を理解した」ということなのだ。

自分が倣慢に下品になることを恐れているあいだ

「もの書かぬ」農民の「威張るな」という罵声を首を垂れて受け入れる太宰が、新進作家三島由紀夫には、倣慢の極致とも言える態度に出ている。三島自身が言っていることですが、彼は一度だけ飛ぶ鳥を落とす勢いの太宰に会ったことがある。そこにはイヤシイ彼の取り巻き連がうごめいており、その雰囲気への反感をも込めて三島は太宰に紹介されるや「ぼくは太宰さんの文学はきらいなんです」と言った。

自分が倣慢に下品になることを恐れているあいだ、自分を他人を傷つけることを恐れているあいだは、もの書きにはなれない。もの書きとはあえて自覚的に倣慢と下品とを選び取った人々なのです。

敵だけが親友になれるのだ。太宰が自分の倣慢さと下品さを骨の鶴まで自覚しても、それでも「書くこと」を選ばざるをえないこと、ここにもの書きの宿命とでも言いましょうか、不幸とでも言いましょうか、が生じてくる。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

自己にたよるということは自己を信ずることである

hbertyはラテン語のリーべラーレ(liberare)からつくられ、「解放する」という原義に由来する。したがって「解放をもとめる」という意識がヨーロッパ人のあいだでは強かったが、東アジアの人々のあい …

no image

人間は疑う存在である以上全く完全な存在であるとは言えない

人間のうちにある完全なもの、無限なものの原因として考えられるのは、神以外にはない。なぜなら、人間は、まさしくそういう属性をみずから備えたものを神と呼んでいるから。この証明のツボは、神の観念は完全なもの …

no image

苦しみの対処、対決しようとする生命

生命は、苦しみと対決しようとする。生きている限り、生きて行くことに抵抗する力がはたらいているので、生命はそれを排除しなければならない。生命は、またその苦しみからのがれようと、もがいている。さて、生命が …

no image

中世以来の大論争の論点では

「個々の人間」とはこうした分解要素の集合なのか、と問うとどうもそうではなく、個々の人間をかたちづくる「かたち」ないし「システム」と呼ぶようなものらしい。物質はたえず交代しているのに一個の人間という「か …

no image

スパルタの少年の如き訓練を復活すべきだろう

不気味なほどの人間観察力には脱帽します。カタツムリやカニなど、とるに足らないものへの恐怖は、他人のマネではなくて、全く自分だけの個性的な恐怖でありますから、むしろそこには自由の意識が秘められている。 …