雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

イギリスのかかりつけ医制度に驚いた日本人

投稿日:2014年11月16日 更新日:

最近は、日本においても、かかりつけ医を作ることは大切だといわれています。日本には、そういう一般医ともいわれるゼネラリストとしての家庭医を養成するシステムがないので、できるだけ幅広い知識を持ったかかりつけ医を探すことになるでしょう。

ただ、イギリスの家庭医は、医療のあらゆる分野について幅広い知識を持っているゼネラリストで、小児科から産婦人科、内科、外科などの知識と経験に基づいて、一次的な診療ができ、必要に応じて他の専門病院を紹介する能力を持っている医者です。

日本人の医者・Bさんが、イギリス旅行中に階段から足を踏み外してケガをしました。医者ですから足を骨折しているであろうと自分でわかり、病院に向かいましたが、すでに他の患者がたくさん待っていたので、自分の順番がくるのを待つことになったのです。受付で事情を説明し、看護師が骨折していることを確かめてはくれましたが、なんの処置もしないまま待合室で待たされました。

ようやく順番がきて名前を呼ばれます

二時間待ったあげく、ようやく順番がきて名前を呼ばれます。足の状態を見たイギリス人の医者は、手術の必要があるという診断です。そこまでは自身が医者であるBさんも予想していました。
ところが、イギリス人の医者は、今日は手術ができないので、二週間後に来てくださいといったそうです。ようするに他の病院に行ってくれということです。

日本の病院はまず例外なく初診患者を迎え入れてくれます。日本に住んでいるとそれが当たり前とも思えますが、世界的にはまれなシステムです。日本の病院でこんなことをしたら大きな問題になるでしょう。けれども、日本以外の国では、こういったことはよくあることのようです。

当然そんなに待てないので、痛む足をかばいながらやっとの思いで隣町の病院に行き、その日のうちに手術を受けることができました。このイギリス人の医者の対応に比べたら、日本の医者は親切かもしれません。

ただし、このイギリスの医者がとりわけ不親切な医者だったというのではないのです。イギリスでは、家庭医の制度があり、国民は一人ひとりが地域の開業医と家庭医としての契約を結んでいます。そんなこともあって、イギリスの医者にとっては、契約している地域の住民の治療のほうが重要なのでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の医療ミスは犯罪か

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反に問われた医師に、二〇〇八年八月二十日、福島地裁は無罪判決を言い渡した。 この事件が注目された一つの背景には、警察 …

no image

ITの時代の次はBTの時代

医学以外の分野であれば、一流の研究の多くは企業の研究所から出ている(島津製作所の田中耕一氏がノーベル賞をとったのは記憶に新しいだろう)。民間での研究はけっしてバカにできない。もちろん、医局に残っていい …

no image

土日も診療をしている病院の真の目的とは?

病院の中には土曜日も日曜日も診療をしている病院があります。患者にとっては便利ともいえますが、こういう病院が、いい病院と単純にいえるかというとそうでもないかもしれないのです。病院の診療日は、ほほどこでも …

no image

医者は人間性が要求されることと医学研究を続けていくことの二律背反

普通の会社組織では、仕事ができればいい、会社の発展に貢献できればいいということになろうが、医者の場合、医学研究を続けていくことと、人間性が要求されることとは、二律背反することなのである。医者になり、さ …

no image

自己愛型対象選択と依存型対象選択とは?

フロイトは恋愛や結婚の相手の選び方について、自己愛型対象選択と依存型対象選択のふたつのタイプがあるとした。 美少年を求めるのは、自己愛型といえる。若い子を求めるのは、いまや男性だけではない。小さい頃か …