雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

投稿日:2015年1月24日 更新日:

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか?多くの人がかかりつけのお医者さん、をもっていない理由として、三つほど考えられます。

・大病院の専門医をかかりつけ医と勘違いしている場合
・かかりつけ医の必要性を感じているのだが、適切なかかりつけ医が見つかられない場合
・あまり病気をしないので、医療機関の必要性を感じていない場合

などです。

いずれのケースであってもかかりつけ医は必要であると考えられます。できれば内科の先生がいいでしょう。

ある医師は、患者さんのお話をうかがっていて、かかりつけ医をもっている人が案外少ないので、驚いているという。医療の用語では、第一線で医療を担当するという意味で、プライマリーケア(初期医療)医と呼ばれています。

大病院の専門医をかかりつけ医と勘違い

あなたの自宅が病院のすぐ隣にあって、あなたが人工透析に通っていたり、難病などの場合は特殊な例外でしょう。しかしその場合であったとしても、かかりつけ医を持っていてもなんら問題になることはありません。大病院の専門医をかかりつけ医と勘違いしている場合ですが、それが、最近とても多いような気がしています。

あまり病気をしないので、医療機関の必要性を感じていないケースにあてはまる方は、自分の家族(両親、配偶者、子供、孫すべて)のためにも、どこか一軒かかりつけ医を決めておいたほうがよいでしょう。近所で顔見知り、町内会が一緒なんてドクターが最高ですね。

循環器や消化器の専門医をかかりつけ医と勘違いしていますと、こんなことがよく起こります。ご承知のように病院では曜日ごとに外来担当日が決まっています。あの病院はいくたびに先生が違うという声をよく耳にしますが、そう言われる患者さんに限って、いつもバラバラの曜日に受診されているのです。やはり、こういったことからもかかりつけ医を持っていることは重要なのです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けないといけない。しかしこれでは、がよけいに高くなってしまうという現象が起こる。 まだ日本で未認可のために …

no image

地域に安定した医者を供給するためという名目

ある専門家は語る。民間の人材派遣会社が、自分のところに人が足りなくなったからといって、お客様である派遣先から人を引き揚げるなどというわがままや勝手が許されるだろうか?ーという点では無責任である。 全国 …

no image

看護師で彼氏のいない人のクリスマス事情

不思議なことに、クリスマスの夜勤を好むナースもいるのです。彼氏なし夜勤が救いのクリスマス。大晦日やお正月だって、もちろんクリスマスだって、誰かは夜勤をしていることになります。 そんな日に夜勤が当たった …

no image

スペイン風邪はなぜ大流行した?症状は?感染数や死者数は?

過去にパンデミックが色々ありましたが、その中でも最も大きかったであろうパンデミックは、第一次世界大戦終盤に起きたスペインかぜでした。 第一次世界大戦中でのことだったので、兵士が戦場を転戦する過程で世界 …

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当の意味で駆逐しているのは、実は患者の体の中にひそむ免疫システムなのです。単なる風邪です、といえる医者 …