雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

快適な暮らしがどんなものかは人それぞれで違いますが

投稿日:

快適な暮らしがどんなものかは、人それぞれで違います。でも、多くの女性は共通して、掃除、洗濯、食事の用意、と、家事に追われる忙しい毎日をすごしています。暮らしとは、人生をともにするモノたちを、整理・整頓し続けることなのです。よけいなモノにわずらわされることなく、快適に暮らすためには、いま必要なモノ、使うモノを、見直し続けなくてはならないのです。モノが多すぎれば、部屋は狭くなり、掃除の効率も悪くなります。その結果、快適な暮らしと現実との距離は遠くなるばかり。

探し物を取り出すのにまずは手前のモノを出してからとなると、さらにもうひと手間プラス。あふれ出れたモノは床を埋めていき、押し入れを開ければ、文字どおり押し入れられたモノが雪崩となる。こんな結果にウンザリして、わたしは整理・整頓の才能がないからなどと、言いわけしている人も多いのではないでしょうか。もともと整理・整頓ができるようなら、苦労していないわと思う人もいるかもしれません。

身の回りのモノの総見直しをしたことがあるはず

でも、あなただって、人生のどこかできっと、身の回りのモノの総見直しをしたことがあるはず。そんなときのことを振り返ってみましよう。一念発起して、いらないモノを処分したあとは、スッキリ夷快。洗いたてのシーツのようにまっさらな気分で、しばらくは快適な暮らしが続きます。ところが、それもほんのつかの間。部屋には日々新しいモノが持ち込まれ、油断するとすぐ元どおりになってしまいます。

そしてふたたび、探し物の時間が増加。実際のところ、快適な暮らしは、快適な状態を日々キープする作業抜きにり立ちません。だからこそ、性格によってはとても難しく、整理・整頓と聞だけで、苦痛に思う人がいるわけです。でも、その難しさを実感している人なら、ただ願うだけではけっして暮らしは快適にならないことも理解できるはず。肩に力を入れすぎず、自分のできる範囲で実行していくことが、快適への近道なのです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

電気の修理は近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談する

電気の修理は、近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談しましょう。家庭でできる、ごくわずかなメンテナンスだけで、意外と簡単です。電気の修理には電気工事士の資格が必要です。アースの取りつけやコンセン …

no image

デンタルケア用品などをまとめる

歯間ブラシにはキャップもついているので、容器はどんなモノでもよいはず。また、マウスウォッシュ類は、いろいろな種類のモノが登場しているので、あれこれ試したくなるところではあります。でも、それこそモノがあ …

no image

タンスの奥行がバラバラな場合はどうする?

・奥行きがバラバラなタンスはどうする? 自分の好みや気分に合わせて家具を揃えていくと、家具の大きさがまちまちになる。今は、居住スペースも影響してか、ブライダルセットでタンスを揃える人はそんなに多くなく …

no image

ビスケットの粉がテーブルに散らばった

カップの底がぬれていたから紙ナプキンはくっついてビスケットの粉がテーブルに散らばった。最初から、お皿を使えばよかったじゃないかと思ってはダメ。面倒なことばかりの台所で、ちょっと一息なのだから。たっぶり …

no image

記事の切り抜きだけで満足してはダメ

・記事を切り抜いただけで満足してはダメ スクラップは一度貼り込んでしまったら、後でいらないからといってそこだけはがすわけにもいかない。スクラップにする場合、新聞各紙がそれを報じるのでいくつも同じ内容の …