雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

会社の概要や理念、実績、歴史を伝える

投稿日:2015年2月1日 更新日:

~会社の概要や理念、実績、歴史を伝える~

一般的な沿革の情報だけでは、ユーザーはその沿革の裏にある歴史の重みや実績の素晴らしさをつかむことができません。いままで何を培ってきたのか、その培ったものでユーザーに何をどのように提供できるのかを、しっかりとコンテンツのなかで謳っていきましょう。指針だけでなくいままでの実績があれば、積極的に情報を掲載しましょう。

基本的な会社の概要を知らせるだけでなく、できれば会社の顔である社長からのメッセージを加え、会社が何を考え、何を理念とし、何を目指しているかを、わかりやすく伝えられるようにしましょう。会社情報のコンテンツは参照数が多く、常に人気上位にあるコンテンツです。はじめて接触してきたユーザーをはじめステークホルダーにとって、会社の基本情報を知りたいというニーズが高いことを表しています。

企業の強みを伝える

会社の競争優位性を表現する方法は、会社のイメージを伝えるコピーワークやデザインだけではありません。市場に認められた優れた商品やサービスがあるのであれば、それをメインに構成する方法もあります。優れたコーポレートブランドは、必ず優れた商品やサービスを持っています。商品やサービス自体が、会社の顔を表す大きな要素であることに疑う余地はないでしょう。まずは、競合他社は自社の強みをどのように表現しているかを参考に考えてみるとよいでしょう。

他社との違いを明確にできれば、ユニークな強みの表現につなげることができます。ビジネス領域において、自身のビジネスの強みは何であるか、その強みをどのように表現するべきかを考え、メッセージやデザインに落とし込む必要があります。どんなメッセージで競争優位性を謳うのか、どんなデザインをもってユーザーに会社のイメージを伝えるべきかを設計し、コピーやデザインを作ります。

トップページのイメージは、企業の顔といってもよいでしょう。ユーザーは、訪問したページ、とくにトップページを最初に見たときの知覚イメージに引きずられます。あなたの会社を知らなかったユーザーの場合、最初にサイトを見たときの印象が企業を評価するときの判断材料として大きく作用する場合があることに十分注意する必要があります。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

本で勉強しよう-インターネットショッピングは生活のなかにこそある

すべてをインターネットショップへと結びつけるのはおかしいと思われるかもしれないが、インターネットショッピングは生活のなかにこそあるのだ。つまり、生活のなかに溶け込んでいる街や本、人との会話、ショッピン …

no image

ネットショップでの情報管理の実情を分析

世間一般から見て、事業所のセキュリティレベルはどの程度であるのか気になるところです。そこでご紹介したいのが、セキュリティベンチマークを無料で試すことができる情報セキュリティ対策ベンチマークです。このベ …

no image

解析ツールはおおまかに3種類に分類される

~低コスト(ソフト購入)をとるか、運用の柔軟性(ASP)をとるか~ 解析ツールは、おおまかに3種類に分類されます。 ・ネットワーク上のデータそのものを解析するパケットキャプチャリング型 ・ページひとつ …

no image

商品の発送時に大事な点はリピートしやすいように工夫すること

商品の発送時に大事な点は、トラブルがあったときすぐに連絡先がわかるようにしておくことと、リピートしやすいように工夫することの2点。すべての業務には必ず何らかの意味があるので、細かいところまでしっかりと …

no image

受注管理機能などのショップコンテンツのポイント

ネットショップコンテンツ施策の重要なポイントを紹介しましょう。 ・受注管理の機能 入金確認メールや発送手続き終了の連絡など、きめ細かいコミュニケーションは、ユーザーの不安を払拭し、ショップへの信頼感を …