雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

海外の車か国産車ならどっちが速いの?

投稿日:2014年11月4日 更新日:

スーパーカーの血を引くイタリア車なら、きっと国産車なんかぶっちぎりに違いないと思って乗ってみると、アリャとずっこけるくらい遅い。多くの人に誤解されていることだが、速度無制限のアウトバーンで生まれたドイツ車なら、さぞかし速かろうと思っていたらこれも遅い。街中でも、より小さな排気量の国産車にスタートダッシュで置いていかれる輸入車がほとんどだし、たとえばサーキットに持ち込んで全開テストなどをしてみると、タイムが出るのは圧倒的に国産車だ。

日本がようやく一家に一台の時代を迎えた当時は、まだ実用エンジンに毛が生えた程度のクルマが大半であり、足回りもトラックやバンなどの実用車のそれをアレンジしただけ。一部のスポーツカーには先進技術が取り込まれていたが、それとて進んでいた輸入車のコピーの域を出ないもので、先端とは言いがたかったのである。スーパーカーブーム全盛の頃までは、たしかに同排気量なら大抵輸入車の方が速かったものだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

国産車の進歩はめざましかった

ところが、それからの国産車の進歩はめざましかった。その理由のひとつが世界的な排気ガス規制。結果として、ようやく諸外国に追いついていた日本の技術は、一気にそれを追い越すところまで行った。排気ガスをクリーンにし、なおかつ性能を落とさないために、国産メーカーはそれこそ最先端技術の研究に惜しげなく金をかけたのだ。

とくに効果があったのは電子制御の分野で、このおかげで燃料を完全燃焼させ、ハイパワーとクリーンな排ガスを両立させることができたと言っていい。さらに生産技術の研究で、ツインカムや4WDといった手間のかかるメカニズムの量産に成功したことも、これに拍車をかけた。足回りに関しても、資金力に余裕のできた各メーカーは、自前のテストコースを整備し、ドライバーを養成して、日本人ならではの働きぶりで研究に励んだ。

こうして、おおむね80年代半ば以降、国産車はこと技術的な面ではつねに世界の最先端を歩むようになったのである。速いのも当然なのだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

アリオン・プレミオの評価

・プレミオ&アリオン 使いやすいセダンで、その代表的なクルマがトヨタのミドルクラスセダン、アリオン、プレミオ姉妹。セダンが振るわないなかでも、一部の車種は支持されていくような気がします。おそら …

no image

2012年型ソナタ発売-どう変わったのかチェック

現代自動車(会長チョン·モング)は、次世代エンジン搭載を介して、パフォーマンスを向上させ、内·外観デザインと安全性と利便性の仕様を大幅に変えた「2012年型ソナタ」の発売に入った。2012年型ソナタは …

no image

日産ムラーノの評価-新型プラットフォームで走行安定感が進歩

日産のムラーノは、新型プラットフォームを採用し走行時の安定感が格段に進歩した。ムラーノの担当デザイナーは、クルマをデザインするという意識はあえて持たず、宇宙船のような物体をイメージしたと語っている。既 …

no image

カプチーノとビート違いを比較

カプチーノは、ビートとほとんど同時期に登場した、スズキの軽自動車スポーツカー。スズキは後輪駆動のコンポーネンツをもっていなかったにもかかわらず、カプチーノを後輪駆動とした。そこにはスポーツカーは後輪駆 …

no image

車はメタリック塗装だと費用がかさむ

・色の経済性、安全性も考えてみる 普通は、購入を決心して最後に決めるのが色ですが、とくに好みの色がない場合は、汚れが目立たず、色あせしにくい色を選んだほうが何かと得になります。最近のクルマは色数が非常 …