雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

海外で行なわれた研究に学者たちが飛びつく理由や内情

投稿日:2014年11月19日 更新日:

海外の医学を日本に持ち込み、日本の医療を進歩させるというやり方はいまだに続く。そのやり方を続けているために、国内でのよい研究や、新しい研究者を見抜けない指導者が増えてしまう。さらにいままでの研究結果と比べてどうかということも。そこには新しい考え、着目に理解がなく、発想のユニークさという評価はなされなかった。どう考えても、そこから新しい研究が生まれるとは思えないという意見はある。

外国でやられた研究を、日本で最初に行なうことで権威者になっていくという仕組みであるようだ。世界で最初と日本で最初では意味がまったく違うはずだが、本邦初というのは、まだまだ研究者にとって魅力あることなのだ。ある国立大学の医学部教授は、遺伝子解析方法をアメリカから持ち帰り、独占的に行なって名を上げた。それで第一人者となっているという。そこにはオリジナルの研究というより、頑張って日本でも研究したということでしかないのだが、それでも日本では権威者となる。

独占的に発表し学会を席巻した

レントゲン線によるコンピューター断層撮影装置・CTを一番最初に日本で購入した医学部は一年間くらい、独占的に発表し学会を席巻した。CTで撮影した脳の断面図をスライドで出すだけで、みな感嘆したからだ。しかし、それは研究だったのだろうか。使用経験であり、純粋な意味の研究とは違うように思うという意見はある。残念ながら、日本の研究はいまだにそういうレベルのものが多いらしい。

芸術でもそうだが、アメリカではどうかアメリカではどう評価されるか。そんなことばかりを気にしてしまう。海外での評価を得てから、ようやく日本に戻ってきて認められるということになる。日本の学会で認められることは二次的な問題なのだ。本邦初を行なうには、海外の大学や研究所と太いコネクションもなければいけない。そういう意味では留学をして技術を盗むというのは大きな意味を持ってくる。その繰り返しで、日本の医学は成長してきたともいえる。だからこそ、新しいことを自ら発表できない土壌ができてしまったようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

看護師の制服は昔は薄く透けやすかったので

病院の話がテレビドラマ化されると、そのたびに人から美ましがられることがあるようだ。病院では、医者は看護師とすぐに恋愛関係になっていいねというのである。 昔は看護師の下着といえば白の無地に決まっていた。 …

no image

健康診断の結果が怖い-ささいなデータの変化に一喜一憂

最近、増えているのが健康診断の結果を手にして、ささいなデータの変化に一喜一憂したり、医学的にあまり意味がない検査成績を過敏に気にする人たちです。健康診断や人間ドックの情報があふれ過ぎて、現在何かの病気 …

no image

放射線治療医の育成はそれほど盛んではない

放射線治療の専門医に関しては、日本放射線腫蕩学会の認定医は六一五人となり漸増している。現在の放射線治療の利用率は米国では六六%、日本では二五%となっている。 一般の人には姿の見えない仕事なので、放射線 …

no image

基礎医学の覚えものは苦痛だが

基礎医学の覚えものは苦痛だが、それ以上に厳しくなるのは臨床医学のほうだという話がある。一つには、日本の医師国家試験に基礎医学は出題されないということがある。逆に臨床のほうは国家試験に直結する。 受験勉 …

no image

健康のために毎日運動をしよう

健康のために、1日5千歩のウォーキングなどの運動を始めてみてはどうでしょうか?どんな形でもいいので、5千歩歩いてみましょう。 まとめてではなくても、1日トータルで5千歩を目指しましょう。通勤の際にひと …