雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

階段の手すり取り付けDIY

投稿日:

・使いやすい位置がポイント

階段は高さがあり、家の中で危険な場所の一つです。手すりと受け金具がセットになったものが市販されていますが、それぞれを別にそろえることもできます。もし、階段に手すりが付いていないなら、安全のためにぜひ取り付けたいところです。問題になるのは取り付けの位置です。受け金具の位置。柱のあるところてないと金具がしっかり止まらないので、柱の場所を探します。壁をたたいて、音の違いて見つけられますが、難しい場合は間柱センサーやプッシュペンなどを使います。

そして高さ。階段の踏み面の手前から70cm、奥から90cmくらいが一般的です。皆が比較的使いやすいところに決めましょう。柱は在来工法の場合、91cm間隔に入っています。間柱を正確に見つけられないことも多いため、下地用の板を張って金具を取り付ける方が簡単です。柱の位置が分かったら、階段の上と下で糸を張り、金具の取り付け位置をマークします。後は、金具を取り付け、手すりを通して完成です。

玄関(ドア)、ドアクロザーの手入れ

・ドアクロザーの手入れ

ドアの開け閉めの際、音がするときは音のする部分(蝶番の軸かドアクロザーの連結部分)に、防サビ潤滑剤をスプレーします。これで音が鳴らなくなるでしょう。

・玄関(ドア)

玄関はその家の顔ですから、いつもきれいにしておきましょう。ドアの下の部分は、地面からの雨や泥のはね返りなどで汚れやすく、傷みやすい部分ですから、何よりも日ごろの手入れが第一。木製の玄関ドアは、日光や雨などにさらされています。泥はねは、乾いてからの方がよく落ちます。特にニス塗りのドアの場合、ニスがはげてくると、防水効果が弱くなりますので、月に2回くらいワックスでふいておくと、ツヤが長持ちします。細かいところは古歯ブラシを使って磨きます。蝶番やドア錠の手入れは、乾いた布に線り歯磨き粉を付けて磨いても、きれいになります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

漆喰壁などの補修DIY

漆喰(プラスター)壁。昔の漆喰壁は材料や職人の不足で少なくなり、現在一般に漆喰壁と呼ばれているものは、石膏を主成分とするプラスター壁です。見た目にはほとんど変わりないので、白い漆喰壁として人気は高いよ …

no image

調理器具を整理する際のポイント

調理器具を火ロの数に合わせて絞り込む料理は、材料の下ごしらえ→調理→盛りつけの順序で進めていきますが、なべやフライパンを使用するのは、だいたい調理のとき。煮たり、焼いたり、蒸したり、ゆでたりと、調理方 …

no image

ペンキの種類は4種類あるが初級者には水性系が扱いやすい

ペンキには大きく分けて4種類あるが、初級者には水性系が扱いやすい。溶剂系涂料乾燥が早く、上品な仕上がりだが、シンナーを使うので危険。染料系塗料ー本部に染み込ませる塗料で、防腐・防カビなどが目的。ニスや …

no image

一定量のネクタイを上手に保管する方法

・一定量のネクタイを上手に保管する方法 幅や柄に流行はあり、いつも一定量を保つために古いものは処分するようにしないと、たまる一方。似たようなスタイルになるビジネスマンの、唯一のおしゃれポイントいえそう …

no image

部屋が散らからないコツは壁にあった!?

押し入れやら、タンスやら、とにかく扉のあるところにすべて詰め込んでしまえば、たしかに部屋は片づいたように見える。そして、そこに収まらないものは捨てるしかないというのが基本。部屋をすっきりさせたいために …