雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

大きな家具購入の注意点

投稿日:

・大きな家具購入の注意点

家具店も広いフロアに商品を展示してあるベッドやタンスなど、店で見たときにはそれほど大きくないと思っていても、部屋に入れてみると、やたらと大きくてびっくりするもの。新しいテレビを買おうと電気店に行って、ちょうどいいサイズだと思っていたものが、いざ家に運ばれてきたら、大きすぎて見づらいくらい。こんな話をよく聞く。テレビに限らず、家具だってそうだ。

最悪なのは、入ると思っていることだ。スペースに入りきらない、なんていう場合。こんなことのないように、大きな家具を買うときには、かならず前もって寸法を確認すること。店で気に入った家具を見つけても、まず寸法を測ってみる。店に行く前に、あらかじめ部屋の寸法も測ってメモしておく。部屋に置けない家具を買ってもしょうがないからだ。6畳間にピッタリなどと書かれてあっても、京間の6畳とマンションの6畳とではかなり大きさが違うので気をつけて。

仏壇ごと棚に収納

新しく購入するなら部屋の雰囲気に合わせればいいが、仏壇は古いままで、部屋だけ洋風に改築するという場合もあるだろう。こんなときは、仏壇ごと棚に収納してしまうようにすれば、部屋のイメージをこわさずにすむ。観音開きの扉をつけておいて、すぐ下の引き出しにはろうそくやお線香、マッチなどを入れておく。仏壇の奥行きに合わせた収納棚を作り、その一角に仏壇を置く。外から見たかぎりは仏壇があるとはわからない。仏壇は和室に置くべきだといって、普段はめったに足を踏み入れないような部屋に置いておくよりは、みんなが集まり、いつでも拝むことができる場所に置いてあげたほうがいいだろう。

アレルギーが心配

カーペットを部屋全体に敷き詰めるよりも、部分的なラグや、タイル式で取り外せるもののほうが、手軽に干したり洗ったりできる。アレルギーが心配なら、手入れをこまめにすること。もしも、カビが生えてしまったら、塩素酸溶液でふいて、天日に干せばいい。普段の手入れも大切だが、まず選ぶときから注意したほうがよいこともある。一般的にウールは高価だが耐久性もあって扱いやすい。毛足がカットされたタイプよりも、ループになっているほうが、汚れも湿気も早く取れるので、ダニやカビの発生も少なくなる。化学繊維のものは安価だが、耐久性に欠ける。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

狭いキッチンを効率よく使う工夫

・狭いキッチンを効率よく使うワザ 便利なのが、園芸用トレリス。園芸用ではあるが、キッチンの壁面に立てかければ、これが立派なキッチンネットになる。ミルクパン、卵焼き器、味噌こしなどは形が変則的で収納しづ …

no image

傘の収納アイデア-入れ子式でスッキリ

・傘は入れ子式収納でスッキリ 大きさの違う傘が何本かあるなら、大きな傘の中に小さな傘を入れ、さらにその中に折り畳み傘を入れるというふうに、入れ子式に収納しよう。お父さんやお母さんの傘は大きいけれど、子 …

no image

窓から逃げる熱を逃がさない方法

・断熱のガラス窓というのは、簡単にできないものでしょうか。開戸がないために、ガラス窓からかなり熱が逃げているのではと考えています。 省エネ板ガラスガードといって、枠材をガラスにはりつけてから、硬質塩ビ …

no image

階段の手すり取り付けDIY

・使いやすい位置がポイント 階段は高さがあり、家の中で危険な場所の一つです。手すりと受け金具がセットになったものが市販されていますが、それぞれを別にそろえることもできます。もし、階段に手すりが付いてい …

no image

洋服の整理・収納

子どものころからの習慣で、衣類はよそゆき、ふだん着、家庭着などと分けてしまいます。これがかえって、整理を難しくするのです。こんなことなら、ランクづけをやめればよいのに、習慣とは恐ろしいもので、なぜかや …