雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている

投稿日:

マスタードガスの使用に対して同盟国、連合国双方に広範な批判が広がった第一次世界大戦以来、生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている。リアリスト的側面は単純である。大量破壊兵器は、拡散を引き起こす深刻な危険と、破壊を生み出す大きな可能性をともなう。

大量破壊兵器への国際的で継続的な懸念には、道義的な側面とリアリスト的な側面がある。核兵器を道義的観点から批判するのは、保有する能力を持たない国や保有をめざしている国だけでなく、米・仏・露のようにそれらを製造し続けている国にも共通している。

ケネディはソ連との貿易の拡大の用意があることを宣言し、ある程度の緊張緩和が進んだ。1960年代の後半を通じて、アメリカはヴェトナム戦争に没頭していたが、それでも軍備管理の努力が払われた。

特定の条件を満たさなければならない

正戦論は、道義的判断を下すには特定の条件を満たさなければならないとしている。自衛は通常、正当な理由とみなされるが、戦争の手段と結果も同様に重要である。手段については、戦闘員と非戦闘員の区別がなされなければならず、結果については、目的と手段の間である程度釣り合いがとれなくてはならない。

レーガン大統領は核戦争を実際に戦うことに言及し、平和団体は核兵器の凍結と最終的な廃棄を訴えた。不安が高まる中で、多くの人々が「核抑止は道義的なのか?」という基本的な疑問を抱いた。
1979年にソ連がアフガニスタンに侵攻した後、核戦争の恐怖が再び高まった。1980年から1985年の「小さな冷戦」の間に、戦略兵器制限に関する対話が滞り、両者ともレトリックが過激になり、軍事予算と核兵器の数が米ソ双方で増大した。

核戦争は正戦論のモデルにかなうのであろうか?技術面ではかなう可能性がある。砲弾や爆雷のような低エネルギーの核兵器は、レーダー・システムや潜水艦、海上の艦船、あるいは地中深くの織蔵藤に対して使用できるかもしれない。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

イスラエル国防軍がどれほどの弾丸を発射したかの調査を依頼

著述家や論評者はイスラエルの他の時事解説者と共に、総意の形成の深刻な危険について警告した。それによればイスラエルの状況で民主義的な配慮は警沢であり、ファシズムの徴候があるとされる。とりわけ注目に値する …

no image

シュルツ国務長官はカダフィがいるべき場所に戻ったと宣言できた

レーガンが迅速かつ決定的に行動し、尊敬すべき知識人たち(この場合はボール・ジョンソン)をすっかり魅了したカポーイの力を見せつけた。アメリカが軍事力を見せつけたおかげで、シュルツ国務長官はカダフィがいる …

no image

パウエル国務長官は政権内の中道派と見られていたが

パウエル国務長官は、政権内の中道派と見られていたが、一九八〇年代の中米でテロと残虐行為が最終段階に入って、外交が軽視されていた頃、国家安全保障問題担当補佐官を務め、また南アフリカではアパルトへイト体制 …

no image

ホンジュラスの米軍基地から攻撃するテロリスト部隊に通信機器を支給

それは経済を崩壊させ、長期にわたる恐ろしい代理戦争を遂行し、犠牲者には破壊された橋と、疲弊した先住民が自ら望ましくない政府を打倒するまで続ける手段であり、我々が被る損害は最低限のものとし、閉鎖された発 …

no image

ジハードをアフガニスタンはどう考えているのか?

アメリカが敵と見なす人々に対して行うこのジハードと、イスラム・グループが敵と見なす人々に対して行うジハードとの間に、道徳的、政治的、法的な違いを私は見出せないアフガニスタン人はどう考えているのだろうか …