雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

壁紙をきっちりと貼るコツやポイント

投稿日:

壁紙を貼る場合、壁紙は実際の壁の寸法より、五センチぐらい長めに切り、上下に少し余りがでるようにはります。必ずなでバケを使い、周囲になるべく空気を追い出すようにしてはります。二枚目の紙をはったときの継ぎ目は、紙の壁紙などの場合はつきつけでもいいのですが、ビニールクロスなどの場合は、端に耳がついており、この場合は重ねつきつけばりという方法で処理します。

上は回り縁にあわせて、下は幅木の線にあわせて、軽くへラできめこんでから、切りこまないように定規を当てて、余分な壁紙を切りとります。定規としては、カッティング定規、金べラなどが最適です。慣れないと柄合わせは面倒です。壁紙を選ぶときなるべく柄合わせの必要ない柄を選ぶといいでしょう。二枚の壁紙は適当な幅で重ねてはります。重ね幅の中心線に定規を当てて、二枚一緒に切ります。それぞれの不要部分を除いて合わせると、すき間なくきちんと合います。

はずせるものはなるべくはずして

ノリがはみ出すことがありますから、よくゆすいだぞうきんでふきとっておきます。コンセントやスイッチのカバーなど、はずせるものはなるべくはずしてはり、指で探って、邪魔になる部分を切りとります。このカバーに同じ壁紙を裏にまわしてとめるようにしてかぶせてから、元通りに取りつけると、壁紙と同じ柄のカバーになります。壁紙の合わせ目は、あとで浮き上がることが多いので、プラスチック製の壁紙用ローラーをかけておくと、浮き上がりやはがれを防ぐことができます。

どうしてもはずせないものは、切りこみを入れてかぶせ、周囲に放射線状の切れ目を入れて寄せていき、余分を切ります。安心してはりやすいようにしてはって下さい。トイレの壁から出ているパイプなど、切りこみと、放射線の切れ目が見えます。しかし実際には、一枚の紙に切れ目が入っているだけですから、はり終わって、ローラーなどをかけると、まずこの切れ目は見えません。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

狭い玄関にこそ足踏み台を置くとよい

・狭い玄関にこそ足踏み台を置く 狭い玄関であればあるほど、靴やサンダルが出ていると雑然とした印象になる。玄関の靴やサンダルは、できるだけ出しっばなしは避けたいもの。脱いだらすぐにきちんと片づける習慣を …

no image

収納・分類は使用頻度によって

・使用頻度によって分類・収納する ガス台そばの棚がいっばいなのは、スペースのムダ遣い。砂糖、塩、頼粒スープのもと、こしょうなど、しょっちゅう使う調味料やスパイスと、オールスパイス、ナツメグといった香辛 …

no image

カーペットを階段に滑り止めとして貼る

昭和五十年から昭和五十四年までの統計(厚生省・人口動態統計)によると年平均で三百三十二人の方が階段からの転落または墜落によって死亡しています。階段は住まいの中での事故多発地帯といわれています。しかもこ …

no image

いらない不用品は捨てるようにしよう

・いつ買ったかわからないものは捨てる 流行色といわれて買ってはきたものの、2~3度使ったきりの古いマニキュアなど、整理してみると、ドレッサーまわりは不用品がザクザク出てくるに違いない。毎日使う化粧水や …

no image

結露を防ぐ方法-汚れと結び付いてカビの原因に

結露を放置すると、汚れと結び付いてカビの原因になります。結露を防止するには、市販されている窓ガラス用の断熱シートや、結露防止透明フィルムを張って、窓の断熱効果を高める工夫をします。これらは結露を防ぐと …