雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

壁破れやめくれなどの補修の方法

投稿日:

・壁が破れたとき

はがれや破れは、できるだけ早く補修するようにしましょう。取っておいた壁紙の余りを使います。破れよりひと回り大きく切った壁紙を破れた部分に当て、古い壁紙ことカッターて切ります。古い壁紙をはがし、そこに新しい壁紙を張り込みます。壁紙に空気が入ってふくらんでいる場合は、ふくらんだ部分を十字に切り、内側に接着剤を付けて切れ目が合うように張り合わせます。最後はやはりローラーてきっちり押し込んでおきましょう。

・壁紙がめくれたとき

補修するには、まず、めくれている部分のホコリや古い接着剤をきれいに落としてから、めくれた壁紙に少し水をふくませ、接着剤て付けます(木工用てかまいませんが、専用のものを使うとより確実に接着することがてきます)。小さなはがれなら、いったん大きめにはがしてから作業した方がうまくいきます。接着後はすぐ張り合わせ、ローラーなどで押さえ込み、テープで仮止めしておきます。壁紙は時間が経つと、めくれたり、はがれたりします。

カーペットの部分メンテナンス

カーペットの端切れが役立ちます。焦げた部分の上にやや大きめに切ったカーペットをのせます。多少力は必要ですが2枚一緒にカッターで上から四角く切ります。焦げた部分を取り、新しいものをカーペットテープで固定してはめ込んで完了です。汚れのひどいところの補修も同じ手法で行います。焼け焦げやふいても落とすことができない汚れにはカーペットを切り張りします。

・部屋の中央から張る

まず、部屋を四つに区切る線を引き、部屋の中心点を決めます。それがすんだら中心点と引いた線に沿って四方に張っていきます。タイルカーペットは、四角いマット状にカットされたカーペットで、床に敷きつめていくだけです。裏にゴムが張ってあるルーズレイタイプのタイルカーペットなら、接着剤を使う必要はありません。引っかかりそうなところはカーペットテープを使います。端など余った部分は、カッターなどで切り取ります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

電気器具や電力などの知識

電気器具には、電圧(V=ボルト)、電カ(W=ワット)、電流(A=アンペア)の表示があります。アンペア表示のないものは、電力(W)+電圧(V)でアンペア数を求め、同時に使う器具を想定し、合計して必要なア …

no image

結露を防ぐ方法-汚れと結び付いてカビの原因に

結露を放置すると、汚れと結び付いてカビの原因になります。結露を防止するには、市販されている窓ガラス用の断熱シートや、結露防止透明フィルムを張って、窓の断熱効果を高める工夫をします。これらは結露を防ぐと …

no image

皿は立てて収納すると使いやすい

・皿は立てて収納すると使いやすい 思いきって捨てればいいが、捨てずに残しておきたいのだったら、そんな皿にも出番を与えてやりたい。同じ大きさ・形の器を重ねて収納すると、食器棚の収納力がアップしてきちんと …

no image

障子の桟のDIY補修方法

・桟の補修 桟は細い木でできており、折れたりすることがあります。こんなときは、折れた部分に木工用接着剤を付け、固まるまでテープなどで固定します。折れ方がひどかったり、片方がなくなったりしているときは、 …

no image

セーターの収納をアップする術

・セーターの収納力をアップするテク もし収納スペースに限りがあるのなら、収納力をアップさせる方法を探してみることだ。捨てる、処分するというのは、最終的にモノがあふれたからやむを得ずという人が多い。そこ …