雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

壁破れやめくれなどの補修の方法

投稿日:

・壁が破れたとき

はがれや破れは、できるだけ早く補修するようにしましょう。取っておいた壁紙の余りを使います。破れよりひと回り大きく切った壁紙を破れた部分に当て、古い壁紙ことカッターて切ります。古い壁紙をはがし、そこに新しい壁紙を張り込みます。壁紙に空気が入ってふくらんでいる場合は、ふくらんだ部分を十字に切り、内側に接着剤を付けて切れ目が合うように張り合わせます。最後はやはりローラーてきっちり押し込んでおきましょう。

・壁紙がめくれたとき

補修するには、まず、めくれている部分のホコリや古い接着剤をきれいに落としてから、めくれた壁紙に少し水をふくませ、接着剤て付けます(木工用てかまいませんが、専用のものを使うとより確実に接着することがてきます)。小さなはがれなら、いったん大きめにはがしてから作業した方がうまくいきます。接着後はすぐ張り合わせ、ローラーなどで押さえ込み、テープで仮止めしておきます。壁紙は時間が経つと、めくれたり、はがれたりします。

カーペットの部分メンテナンス

カーペットの端切れが役立ちます。焦げた部分の上にやや大きめに切ったカーペットをのせます。多少力は必要ですが2枚一緒にカッターで上から四角く切ります。焦げた部分を取り、新しいものをカーペットテープで固定してはめ込んで完了です。汚れのひどいところの補修も同じ手法で行います。焼け焦げやふいても落とすことができない汚れにはカーペットを切り張りします。

・部屋の中央から張る

まず、部屋を四つに区切る線を引き、部屋の中心点を決めます。それがすんだら中心点と引いた線に沿って四方に張っていきます。タイルカーペットは、四角いマット状にカットされたカーペットで、床に敷きつめていくだけです。裏にゴムが張ってあるルーズレイタイプのタイルカーペットなら、接着剤を使う必要はありません。引っかかりそうなところはカーペットテープを使います。端など余った部分は、カッターなどで切り取ります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

オーダーメードのシステムキッチンだけを引き受けていた

オーダーメードのシステムキッチンだけを引き受けていた。 ある人は語る。私もうっかりして確認していなかったことに気づき、ふつうはどの位置か聞き返した。すると彼は、「まあ、ふつう右利きの人はフライパンを右 …

no image

雑誌が溜まる人の整理のコツ

・愛読誌ををためこまないコツ いずれ処分するとしても、情報としてとっておきたい記事があると、その号まるまる一冊を残しておくと、手がつけられない状態になる。気になる記事がたくさん載るからという理由で定期 …

no image

大きな家具購入の注意点

・大きな家具購入の注意点 家具店も広いフロアに商品を展示してあるベッドやタンスなど、店で見たときにはそれほど大きくないと思っていても、部屋に入れてみると、やたらと大きくてびっくりするもの。新しいテレビ …

no image

狭い玄関にこそ足踏み台を置くとよい

・狭い玄関にこそ足踏み台を置く 狭い玄関であればあるほど、靴やサンダルが出ていると雑然とした印象になる。玄関の靴やサンダルは、できるだけ出しっばなしは避けたいもの。脱いだらすぐにきちんと片づける習慣を …

no image

水洗トイレの水が止まらないとか出ないといったトラブルの解消方法

・トイレの水が止まらない ゴムフロートに注目し、洗浄管との間にすき間が開いてないか、ゴムフロートが古くなってないかを確認します。タンクの中の水位でも故障箇所が推測できます。水位がオーバーフロー管より高 …