雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

壁に物を取り付ける-金具を活用しよう

投稿日:

コンクリート壁ならコンクリートプラグを使います。壁の裏を調べるときは、ノックするようにたたいてみます。音によって中空壁の中空、間柱などを聞き分けるのです。しかし、これは慣れないと難しいので、壁の裏を調べるプッシュペンという道具も売られています。これを壁に押し当てると、先から針が出るしくみになっています。針がすうっと入ったら中空で、手応えがあれば間柱などの下地材がそこに通っていることになります。

壁に物を吊るすフックがほしいことがあります。壁にクギを打てればいいのですが間柱や胴縁以外クギを打てない(打ってもすぐにグラグラする)中空といわれる壁が大半。こんなとき活躍するのが固定金具です。掛けるものの重さなどによって、使う金具が変わります。トグラーはかなり重いものを吊るすことができます。似たものにモリーアンカーがあります。壁タップは下穴がいらないため、取り付けは比較的簡単です。石膏クギは、重いものは無理ですが手軽に使え、跡もほとんど目立ちません。

DIYでは何かと使うことの多い道具

トグラー、モリーアンカー、コンクリートプラグには電気ドリルが必要です。DIYでは何かと使うことの多い道具なので、一つ買っておくとよいでしょう。

石膏クギ/飛び出た3本のピンをマイナスドライバーで押し込むだけ。簡単な分、他のものに比べ強度は落ちます。

コンクリートプラグ/電気ドリルでプラグの全長より少し深めに下穴をあけます。穴に金ズチでプラグを埋め込み、そこにフックをねじ込みます。

モリーアンカー/トグラーと同じように下穴をあけます。モリーアンカーを差し込み、ドライバーと空回り防止用レンチ(付属)で締めます。固定できたらネジを抜き取り、フックをねじ込みます。

トグラー/まず電気ドリルで指定通りの大きさの下穴をあけます。そこにトグラーを差し込み、付属のピンを入れてトグラーのすそを開き、固定します。

壁タップ/先端がキリになっているため下穴が不要。壁と頭部が平らになるまでドライバーで締め込み、フックを当ててネジで締めます。作業が簡単な上、比較的じょうぶ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

水洗トイレの水が止まらないとか出ないといったトラブルの解消方法

・トイレの水が止まらない ゴムフロートに注目し、洗浄管との間にすき間が開いてないか、ゴムフロートが古くなってないかを確認します。タンクの中の水位でも故障箇所が推測できます。水位がオーバーフロー管より高 …

no image

ふすまの張替えを自分で行う場合

全部普通のクギで止めているものもあります。まず、左右の枠を外します。折れ合いクギ、ネジクギを使っているものは(枠の表面にクギの頭がない)、枠の上部に当て木をして金ズチでたたくと外れます。次に上下の枠。 …

no image

整理整頓が苦手という意識

収納というと、とかくきちんときれいにすき間なくが鉄則のように思われますが、そうではありません。整理の基本は、あくまでも取り出しやすく、しまいやすくです。ですから、収め方は自己流で十分。とにかく収まって …

no image

簡単棚作り-サイズに合わせて作れる

・サイズに合わせて作れる棚 棚を付ける場所によって方法が違います。壁面に付けるときは受け手金具、壁と壁の間に付けるときは受け木を取り付けます。また、家具などで棚板を増やしたり位置の変更をしやすくしてお …

no image

思い出の品の賢い処分方法

・思い出は残して現物は捨てる方法 絶対に捨てられない、と思っている人も多いだろう。友人や知人から届く手紙には、気持ちもこもっているし思い出もつまっている。でも、たとえばその手紙の束、今どこに保管してあ …