雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

壁にピクチャーレールをつけて収納するワザ

投稿日:

・壁にピクチャーレールをつけて収納

ピクチャーレールは、フックが自在に横移動するので、壁の好きなところに写真や絵ばかりでなく、衣類からインテリアグッズまでつるせる点が重宝。カーテンレールを、壁に貼りつけたようなピクチャーレール。フォトスタンドや額縁入りの絵をかけるなら、フックから長さの異なるひもをさげてそこにかければよい。フックを2個使ってウォールポケットをつるせば、小物収納に効果的。洋服ダンスに入りきらない服を、ハンガーにかけてフックにつるすことも可能だ。レールは、壁と天井の境目に取りつければ傷もつきにくいし、部屋の雰囲気を損なうこともない。

部屋の一角に収納スペースを作る

部屋のあちこちに家具を置くと、雑然とした印象になる。窓際の低い位置にボックス家具、壁際に洋服ダンス、ベッドサイドに小さな整理ダンス。少し部屋が狭くなることを覚悟するなら、部屋の1か所をスダレやカーテンで仕切り、収納コーナーにすると、すっきりする。つっばりポールを利用する、収納ケースを積み重ねるなど、コーナーそのものを作りつけクローゼットのように仕立ててみる。これで部屋が片づくほか、着替えのときもバタバタ動かずに1か所で事足りるといった効率のよさもありがたい。

捨てる知恵はゴミ袋分別から収納

収納の達人に少しでも近づくために、まず、今持っているものを整理することから始めよう。スペースがなくてと嘆いている人は、いらないものまでため込んでしまっているケースがじつに多い。整理を効率よくするには、大きなゴミ袋を三つ用意する。これはそれぞれ、捨てるものひとにあげるものとっておくものを入れるための袋。そして、押し入れの端から順に、モノを出しては、三つの袋に分類していく。一気に押し入れのもの全部を出してしまうと収拾がつかなくなるので、少しずつ出しては分類していく、というのがポイント。1年以上使っていないものは捨てる、というような思いきりも必要だ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

セメント瓦を塗り替える方法

・なにか手入れの方法がありますか。以前はブルーだったセメントがわらが、現在ではまったく色がなく、モルタル色になっています。 塗装がはげ落ちてしまったセメントがわらは、雨水がしみこむようになりますから、 …

no image

物の分類や分別を行う

不要だからといって、すべてゴミというわけでもありません。始末にも、いろいろな方法が考えられます。口人に譲るこれはもっとも簡単な方法です。ただし、人が不要品を引き取ってくれるかどうかには、疑問もあります …

no image

子供用の収納グッズを自分で作る

・子ども用収納グッズを作ろう 小さいものをゴチャゴチャにすると、部屋や玄関はとても散らかってしまい、雑多な印象になるものだ。おもちゃ、へアピンやゴム類など、子供ものものはどれもこれも小さくてかわものば …

no image

インシュレーションボードを活用する

・インシュレーションボードを活用する インシュレーションボードは、畳をフローリング材に張り替えるとき、そのままフローリング材を張ると敷居より低くなってしまうので、間に何枚か敷いて底上げするときにも使わ …

no image

封筒と便箋を分けて保存する

・封筒と便箋を分けて保存する 困るのは封書だ。サイズもバラバラで、たいていは箱に詰めて、どこか奥のほうにしまい込む。しかし、結局しまい込んだままになりがちで、これではダメだ。もらった郵便物のうち、はが …