雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

カーテンの選び方のコツ

投稿日:

・カーテンはこう選ぶ

壁とまったく違う色にしてしまうと、かえってそこだけ目を引いてしまって、狭く感じてしまう。カーテン選びはなかなか難しいものだが、部屋を広く見せたいなら、壁の色に合わせるのが基本。また、個性的な柄でカーテンが目立ってしまうようなものよりは、オーソドックスな落ち着いたもののほうがよい。まったく窓のない壁にカーテンをつってしまうのも、部屋を広く見せるには意外と効果的。このとき、壁から離したところに、つっぱり棒などを渡してカーテンをつりさげておく。

そうすると、壁とのあいだにスキマができるので、そこを収納場所としても活用できる。窓が2か所あって、一つは掃き出し窓、もう一つは小さな出窓というふうに大きさが違うときには、カーテンの大きさを同じにするといい。なぜかというと、小さな出窓でも床までカーテンを垂らしておくと、なんとなく向こうに空間が広がっているかのように連想させるからだ。カーテンを引いている夜のあいだだけでも部屋が広く感じられる。文庫本やCDなど、厚みのないものを整理するにはもってこいの場所になるはずだ。

長いソファを一つだけ置くのなら

・ソファの機能的な配置とは

長いソファを一つだけ置くのなら、ダイニングやキッチンを背にするように配置するといい。リビングが独立した状態になり、くつろぐためのスペースという感じが強調される。広々としたLDKにソファを置く場合には、ソファの向きにもちょっとした工夫が必要。よくあるのは壁際に置いているパターンだが、これは、一つ間違うとダイニングやキッチンのほうが丸見えになってしまう。

いくら間仕切りをしても、なんとなく落ち着かない雰囲気だ。ソファを二つ置くのなら、L字形に。一つはダイニングキッチンを背にして、もう一つは壁際に置く。お客様を迎えるときは、ダイニングキッチンが見えないほうに座ってもらうと、居心地もずっとよくなる。是非試してみよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

バッグの毎日の整頓

日々使っているバッグから、別のバッグに取り替えるときには、全体のホコリをいつもより念入りに取り除き、革のバッグは靴用クリームでサッとツヤ出しをして手入れ。最後は、次に使うバッグを収めていた場所に収める …

no image

普段使いのアクセサリーの保管方法

手ごろな価格のせいだろうか。友人知人からのプレゼントやお土産にもらうことの多い、普段使いのアクセサリー類。まったく使わないのも悪いという思いからとっておくと決めたのなら、しっかり保管しなければいけない …

no image

窓ガラスの掃除はプロが使っているスキージーという道具を使おう

・もっといい方法がありますか?エアゾール式のガラスクリーナーを吹きつけて、布で窓ガラスを磨いているのですが、ふき残しも出ますし、手間もかかります。 ビルの窓などをふいているプロのやり方をみていると、必 …

no image

洋服の整理・収納

子どものころからの習慣で、衣類はよそゆき、ふだん着、家庭着などと分けてしまいます。これがかえって、整理を難しくするのです。こんなことなら、ランクづけをやめればよいのに、習慣とは恐ろしいもので、なぜかや …

no image

天井の隙間を上手に使う収納術

・天井のスキマも上手に使う 布団を高く上まで積み上げても、たいていはスキマが残るはず。押し入れは、何でもかんでも押し込めて、結構な収納力を発揮するが、まだまだ利用できるスペースはある。そこで、ここにネ …