雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

カーペットの手入れの方法

投稿日:

ピース敷きカーペットのように、動かせるものは、外に出して日に当てたり風を通したり、ふとんたたきなどてたたいてホコリを払います。ダニ対策としてカーペットの下に防虫シートを敷くのもよいでしょう。カーペットは毛足の長短はありますが、ホコリがたまりやすく、ホコリはダニの発生原因にもなります。掃除機で取りにくい髪の毛などは、ナイロン製のへアブラシでかき出すようにするとよく取れます。月に一度ぐらいは湯ぶきしましょう。

敷き込みのカーペットの手入れは、とにかく時間をかけて、ていねいに掃除機をかけることが大切です。カーペットの毛を立てるようにかけたほうが効果的掃除機の排気日はなるべく窓に向けるょうにします。クッションや座布団にも忘れずにかけること。住居用洗剤をお湯で表示通りに薄めた液を作り、それで固く絞ったタォルで、力を入れてまず毛の流れに沿ってふき、次に毛の流れの逆からふいていきます。最後にお湯で固く絞ったタオルで、湯ぶきをし、洗剤分を取ります。この後は携気をよくして乾燥させます。

照明器具のチェック

・照明器具の寿命

ランプ交換の日安としては、1日5?6時間の使用で、電球が1年、直管形の蛍光灯が2年半、環形が1年半です。蛍光灯の場合、両端が黒ずんてきたら替えどきです。

・照明器具のチェック

半年に一度、家中の照明器具のチェックをしましょう。ランプが切れかかってないか、取り付け部分ががたついてないか、熱が出ている、音がする、においがするなど異常な様子がないかなどを確認し、故障や異常があるときは電器店に相談します。

・蛍光灯・電球は日々の手入れが大切

ランプやシェードにホコリや汚れが付いていると、明るさを損ない電気のムダ使いになります。こまめに手入れをしましょう。1~2週間に一度はからぶきし、2~3か月に一度はシェードを取り外して水や洗剤で洗います。掃除の際は必ず電源を切り、電気が通る場所には水が付かないよう注意します。

・目にやさしい光

蛍光灯には光の色が工夫され、光も明るい演色形というタイプがあります。普通のものよりこちらの方が目にもよいようです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

壁破れやめくれなどの補修の方法

・壁が破れたとき はがれや破れは、できるだけ早く補修するようにしましょう。取っておいた壁紙の余りを使います。破れよりひと回り大きく切った壁紙を破れた部分に当て、古い壁紙ことカッターて切ります。古い壁紙 …

no image

トイレットペーパーの収納を手作りで行う

・トイレットペーパーのワザあり収納 トイレットペーパーの収納には、つっぱり棒があれば十分。トイレットペーパーなどをストックしておくのに、わざわざラックなどを買う必要もない。手の届きやすいところに、壁か …

no image

本棚の整理に図書館を利用するという方法が有効

・本棚の整理に図書館を利用する ここでは本棚の整理に、その図書館を利用することを考えてみよう。家の近所の図書館から本を借りることはあっても、最大限に図書館を利用しているは少ないようだ。いざ本を処分しよ …

no image

不用品の処分候補は1年以上使ってないもの

・一年以上使ってないなら不用品と考えよう 処分する候補の一番手は、箱に入ったまま、一年以上も手つかずになっているもの。結婚式の引き出物や景品でもらったマグカップ、百円ショップでつい買った器など、いつの …

no image

引き出しの奥と手前を使い分けるコツ

・引き出しの奥と手前をこう使い分ける 奥のほうに入れたものを見逃して、なくなったと大騒ぎしたり、新しいものを買ってしまったりしが。普通のスチールデスクの真ん中の引き出しは、浅くて使いやすいものの、その …