雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

カーペットを階段に滑り止めとして貼る

投稿日:

昭和五十年から昭和五十四年までの統計(厚生省・人口動態統計)によると年平均で三百三十二人の方が階段からの転落または墜落によって死亡しています。階段は住まいの中での事故多発地帯といわれています。しかもこれは家庭内だけの事故であって、一般のビルなどでの事故は含まれておらず、階段事故の総数からみると、約五五%が家庭で起こっています。

段鼻が前に突出しているため、足の裏全体が踏み板に接触するのではなく、つま先だけが踏み板にのっており、接触面積が小さいなど、いくつかの原因があげられますが、とにかく階段ですべって怖い思いをした経験があったなら、すぐすべり対策を考えておくべきでしょう。階段にカーペットを貼る場合、カーペットを強く引っばりがら、ゴムハンマーでたたいて、しっかり角を曲ながら、なじませるように固定していきます。踏み板とけこみ板の境目などは、和裁用のへラなどできめこむといいでしょう。

全体にカーペットをはってしまうということは、この意味でも、美観の意味でも、もっともいい方法ですが、単にすべりを止めるだけなら、段鼻の先端にはるすべり止めテープもありますし、手すりをつけるのも意味があります。ただし手すりは、十分に手で握れる太さのものでないと危険防止の効果はありません。とけこみ板の境でカーペットを切りとります。とけこみ板の上部もへラできめこみ、余分なカーペットをカッティング定規などを当てて切りとります。敷地が狭くなり、階段の占める面積をなるべく小さくしようとすると、どうしても配が急になること。

ビニール床材をはる

床にきっちり敷きこむビニール床材は、一般的にクッションフロアといわれるものですが、よく似たビニール床材には、床に固定せず、置き敷き専用というものもありますから、買うときによく注意して下さい。両面テープにもいろいろ種類があり、はがすときに床面を傷めない両面テープ(ニトムズ・カーペットテープ、両面接着テープ・テサなど)もありますから、状況によって選んで下さい。床に固定するのは、接着剤でなく、両面テープを使います。いきなり床材をはり出すより、部屋の寸法を測って、見取り図をかいてみます。これで床材の必要なメーター数や作業手順もよくわかります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

心地よさの発見-自分の暮らし方のスタンスを決める

毎日配達される新聞やチラシでさえも、そのままにしておくと、たまるいっぽう。そのつど、あるいは定期的に始末していかないかぎり、ゴミは増えるばかりです。そして、いつかは部屋中がゴミだらけにこれではとても快 …

no image

壁紙の種類や張替えなど

壁紙を張り替えるときには、部屋全体をどんなイメージにしたいのかを決めてから選ぶようにします。家具や床などのコントラストを考え、材質感と色、柄もおよその見当をつけておいたほうが迷いません。事前に、お店に …

no image

畳の補修-ささくれなどの改善方法

・畳の補修 畳の補修をする場合の、畳のささくれは、木工用接着剤を3倍ぐらいの水で薄め、平筆で両側から寄せるように合わせて接着します。また、家具などでできたへこみはスチームアイロンを使いカーペットと同じ …

no image

ストーブの熱を利用する効果的な方法

・簡単にこの温度を活用できないものでしょうか。ストーブを使っていると、部屋の上部が温度が高くなっているのに気がつきました。 扇風機は夏だけしか使いませんが、壁掛け扇といって、壁の上につけて使う扇風機が …

no image

ペンキの種類は4種類あるが初級者には水性系が扱いやすい

ペンキには大きく分けて4種類あるが、初級者には水性系が扱いやすい。溶剂系涂料乾燥が早く、上品な仕上がりだが、シンナーを使うので危険。染料系塗料ー本部に染み込ませる塗料で、防腐・防カビなどが目的。ニスや …