雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

評判のいいカーディーラーの営業マンにアプローチしよう

投稿日:2014年10月30日 更新日:

もしかしたら、買ったはいいがあまり対応がよくなかったというかもしれないし、親切でけっこうアフターサービスもいいというかもしれない。近所や友人で車を買った人がいたら、どこの店で買ったのかさりげなく聞いてみよう。営業所にも何人か営業マンがいるだろうから、その中でも印象のいい人から買うのがいいに越したことはないからである。

どの営業マンから買ったかも忘れずに聞いておくべきだ。ひとりでもお得意さんを増やしたいものだし、より打寧に対応してくれるにちがいない。営業マンにしたって、〇〇さんから紹介してもらったんですけどといわれたらうれしいもの。うまくいけば値引き額もちょっぴりオマケしてくれるかも。

第一声でわかるデキる営業マン

いらっしゃいませ、と明るく声をかけたままニコニコ笑っているようならば、いわゆるふつうの営業マン。優秀な営業マンならば、さらにひと言ふた言会話を交わすものだ。お客の車が店の敷地に入ってきたときから、営業マンの仕事はすでに始まっている。それが乗ってきた車のことだったり、お客がスーツ姿ならば、お仕事帰りですか?お疲れのところ、ありがとうございますでもなんでもいい。

雑談からお客の車に対する姿勢や趣味などが自然にわかることも多いし、何よりもお客とコミュニケーションをとろうとする姿勢が大事だ。駐車場に誘導し、お客が車から降りたときの第一声で、その営業マンが優秀か、そうでないかがある程度読みとれるものだ。そういう営業マンならば、きっとこちらの好みや意思をくみとって的確なアドバイスをくれるだろう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

新人営業マンの利点

営業マンに上司や先輩がついていて、この新人にとって最初のー台なんですといった話でも出るようならチャンス。新人にとって最初のー台は記念だし、なんとか早めに売りたいと願うもの。もし販売店に出向いたときなどに、新人営業マンが担当になったら、ふつうならちょっと不安になってしまうものだだが、これは上司にとってもおなじで、なんとか売らせてやろうとばかりに、思いきった値引きなどのサービスを提示する場合が少なくないのだ。

ほんとうの最初のー台だとすれば、おいしい話だと思っておこう。なかには、最初のー台ですといいながら10台も売ってしまうしたたかな営業マンもいる。この場合は、トクするどころか、逆に相手に手玉にとられかねない。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の動力性能の評価-ドライバビリティーとスナッチング

動力性能の評価は、加速感、アクセル開度と加速の応答性であるレスポンス、ドライバビリティーとスナッチング、AT・オートマチック変速機の車変速ショックなどがあります。常にアクセルペダルの踏み方に対する車の …

no image

過去の自動車業界の動向-世界中に駆け巡ったニュース

発端は、ダイムラーべンツとアメリカのクライスラーの合併であった。そのニュースに続いて、今度はVWとBMWが、イギリスの名門、ロールス・ロイスの買収をめぐって争うというこュースがかけめぐった。当時大変に …

no image

CUVコンセプトカー「XIV-2」のレンダリングを公開

CUVコンセプトカー「XIV-2」のレンダリングを公開した。コンセプトカーは、双竜車が昨年フランクフルトモーターショーで披露した「XIV-1」に加え、グローバル戦略車種で開発しているプレミアムCUVに …

no image

高回転エンジン車をありがたがる日本の傾向

ヴィッツの姉妹車としてワゴンのファンカーゴ、bB、イスト、3ボックスセダンのプラッツなどがありますが、どれも出来のいいクルマですが、なかでもイストは高い点数が付けられます。乗り味にこだわる人は、ヴィッ …

no image

車のロードサービスはライフスタイルにあったものを選ぼう

車を買うときには、ロードサービスへの入会をすすめられるが、このサービスも、ひところにくらべて、かなり多くの会社が参入しているということをご存じだろうか。それぞれの会社によって、サービスも年会費も微妙に …