雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

家電

jazzmanスピーカーの評判

投稿日:2017年8月14日 更新日:

jazzmanスピーカーの評価-価格は安いのか

ジャズ専用スピーカーというものがあることをご存知でしょうか?ジャズのアタック音が映えるスピーカーだと話題になっています。

「jazzman(ジャズマン)」という名のスピーカーは、名前の通り、ジャズを聴くのに特化しているスピーカーで、有名雑誌のCDジャーナルに掲載されたこともある、超高性能なスピーカーです。このスピーカーから発せられる音は、これまでのものとは大きく違います。

jazzman(ジャズマン)は、スピーカー本体が非常に薄くできていて、たった10センチほどの薄さとなっています。厚さが10センチだと、あまりいい音が聞けるような気がしませんが、台座がしっかり安定していて、薄いから悪影響ができることはありません。

スピーカー本体の奥行はなんと10センチほどの薄さで、あまりの薄さに安定性に欠けるイメージがありますが、台座がしっかりしているので問題はありません。

そして、実際の音は、中音域で滑らかに響き、低音域では、今までのスピーカーを圧倒的に凌駕する音を聞かせてくれます。また、楽器だけでなく、ボーカルの声も美しく聞こえるように設計されています。

このjazzman(ジャズマン)が、何故ジャズに特化したスピーカーなのかというと、「歪振動スピーカー」という独自技術で、ウッドベースの音が他のスピーカーに比べて、はっきりとクリアに聞こえるからです。jazzman(ジャズマン)でジャズを聞けば、臨場感があって、リアルに生々しく聞こえてくる音に、驚かれると思います。

歪振動スピーカーという構造

そして、「歪振動スピーカー」という構造で、「楽器が音を出す原理と同じような音を出すスピーカー」と開発者が語るほど、スピーカーから出る音が、実際に生でジャズを聴いているような感覚におちいります。実際、音楽家兼評論家がCDジャーナルの中で、jazzman(ジャズマン)スピーカーを、かなりの高評価しています。

ジャズマンの構造は、エジソンが発明したSP盤再生装置である蓄音機の音を出すサウンドボックスと同じ仕組みで音を出しているようです。ジャズマンは、今までのスピーカーがいかに不自然な音だったのかが分かるほど、生の音に近いクリアーな音が特徴です。

現在、多くのスピーカーが、バスレフ式となっていて、欠点が多いともよく言われているのですが、その欠点を改善したのが、jazzman(ジャズマン)で、歪振動スピーカーの構造により、低音を綺麗に再生してくれます。

他のスピーカーで同じ音を出そうとすると、700万円くらいかかってしまうそうですが、jazzman(ジャズマン)は、700万円かかってしまうようなスピーカーを、20万円ほどで作ってしまっています。

普通の人が20万円と聞くと、バカみたいに高いと思われるかもしれませんが、専門家からすると、この性能で20万円というのは、バカ安い価格なのです。

もし、jazzman(ジャズマン)に興味がある方は、以下の広告からjazzmanスピーカーの販売元ホームページに移動することができますので、一度チェックしてみるといいでしょう。

 

 

-家電

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした