雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

岩場の安全なのぼり方や注意したい点

投稿日:

ご存知のように山は自然の中にあります。岩場があったり、雪が残ってもいるでしょう、いやだ、と思う人もいるかもしれません。そしてまた、特に岩場・クサリ場などでは悲しい事故も発生しています。雪が解ければ突いた跡が消えるスキーの場合と違い、登山道に直接跡が残るストックです。使い方に注意して有効に活用したいものです。技術はもとより大事な気持ちの持ち方は、決して怖がらない。恐怖心は体を硬直させ行動を不自由にさせ、結果として事故に結びつきます。

・岩場

手で触るにしても足を置くにしても岩(石)が動かないかどうか軽く力を加えて確認した方がよいでしょう。動いたらその岩(石)を利用するのはやめることです。小刻みに捉えるように探すことです。つまり歩幅は狭い方がいいということです。縦走路に出てくる岩場なので傾斜はそれほどきつくはありません。まずじっくりと観察し、手がかり、足がかりを見ることです。

普通に立って歩ける場合など

手は押さえであくまで足に重心がかかります。普通に立って歩ける場合、四つんばいになる場合、あると思いますが、後者はできるだけ岩から体を離し、視界を広くすることです。そして手足四点のうち、三点を押さえながら他の点で移動することです。

北穂高岳のそばにあるキレットも代表的な縦走路に現れる岩場です。通過には時間がかかりますので混む場合もあり、通過後は安全な場所で待っと同時に登山者同士、多少離れながら移動しましょう。登る場合と下る場合がありますが、後者で四つんばいの場合、体は後ろ向きになり手は上、足は下ですが、前述の通り岩から体を離し、下を見ながらやはり三点押さえて一点で少しずつ移動することです。トラバース(横に移動)する場合も同様の動作になります。

また、クサリ場の場合、クサリがありますので触るのはいいのですが、あくまで手はバランス保持です。大事なのは足元です。足がかりをきちんとして体重はクサリではなく足にかけましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

大家族用テントを購入するなら1人分大きめのサイズを購入しよう

我が家の場合は家族が増えたとき、大家族用テント一つをどーんと購入するよりも、2人用を2つ使おうとした。2人用、3人用ならすでにいくつか持っていたし、子どもは子どもでまとめて寝かせて、トッドと私は2人っ …

no image

初めてのキャンプを家族で体験しよう

初めてのキャンプをまず体験しよう、目的はそれからでいい。出かける前に家族全員で充分に話し合おう。キャンプについて充分に話し合うと言っても、特別なものはいっさいなし。全員が「キャンプに行くんだ」という、 …

no image

子供の不安や怯えは必ずしも年齢のせいではないと気づく時

サイクリング中、長さ800いほどのトンネルに出くわした。真っ暗でひんやりしている。ずっと向こうの出口にアーチ型の明りが小さく見えるだけだ。一寸先は闇だし、昔ラバが歩いたような細い凸凹道を自転車を押しな …

no image

ヤマネは秋にヤマブドウや昆虫などの小動物をたくさん食べる

ヤマネは秋にヤマブドウなどの奨果や昆虫などの小動物をたくさん食べて、睡眠を長くとるようになり、体重が増える。夏の体重は二〜二五gだが、冬眠前には三〜三五g、個体によっては四g近くになるものもある。 体 …

no image

山での服装や身の回りの確認など

・身の回りの確認と衣類 衣類は、登山口に着いて休んでいる時は暖かくしておいていいですが、出発する時はやや寒い(涼しい)かな、と思う程度の方が歩き出してから体が温まり、結果としてほどよい温度になるようで …