雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

衣装デザイナーが映画で登場人物の性格付けに使いたい服を使えない

投稿日:

アカデミー賞にノミネートされたこともある衣装デザイナーで、コスチューム・デザイナーズ・ギルド会長の肩書きも持つデボラ・ナドウールマン・ランディスによれば、映画製作者がファッション・デザイナーから服を借りようとしているわけではなく、デザイナー側が自分の服を押しつけてくるのだという。こうした計らいは、衣装を提供する側には都合ののかもしれないが、やり方を誤れば、衣装デザイナーが登場人物の性格付けに使いたい服を使えないう事態を招き、映画が台無しになってしまうことがあるからだ。

プロダクト・プレイスメントが行きすぎて不倫快なものにならない限り、映画会社、企業、消費者の全員勝ちというわけです、残念ながら、そのとおりに行かない場合もある。一般名称の代わりに実在の商品名を使えば、より現実的な状況が作り出され、作品の信憑性が増します。ファッション・デザイナーたちは、スターというスターにいつも自分の服を見せびらかしていてほしいのよ。彼らがこのメディアを食い物にしてやろうと意気込んでいるのは間違いないわね。勘違いもはなはだしいことに、衣装デザイナーは映画界のファッション・スタイリストだと思われているらしい。

どこそこの服だとかわかってしまったら

彼らをできるだけ美しく見せることをめざしているわけじゃないのよ。そういうのは、ファッション・ショーやレッド・カーペット上の話でしょ。私たちは、スターという個人のための買物をしてるわけじゃない。実際、デザイナーの服を使うのはあまり映画監督やプロデューサーのためにならないことが多いのだ。名の通ったファッション・デザイナーを使ったら、自動的に映画の年代まで特定されてしまう。

そんなことを望む監督やプロデューサーなんていないと思うわ。どこそこの服だとかわかってしまったら気が散ってしまうじゃないの。そういうのって、今のテレビや映画では、大抵の場合は直観に反することなのよ、とランディスは言う。ハリウッドでは、衣装デザイナーがどこかのファッション・ブランドと組むことを強いられて困っているという話をよく聞く。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

メディアのイベント企画報道のあり方を変えてしまったファッション

各企業は、テレビや映画でむやみにプロダクト・プレイスメントを行うわけではない。厳しいものではないが、無料提供品にも決まりがあるのだ。同じように、スターの実生活での着用分についても、やたらと商品を手渡し …

no image

値の張るラグジュアリー系ファッションには

シンシナティ大学でファッション・デザインのコーディネーターを務めるマージー・ヴォルカー=フェリアが言う。「大量にTシャツを作れば値段は安くなりますが、数百着しか作らない場合には、一着あたりの値段は跳ね …

no image

手袋の脱ぎ方、扱い方をマスターする

・正しい手袋の扱い方をマスターする 手袋をしていないと、どうしてもポケットに手を入れたくなる。ポケットに手を入れると背中が丸くなる。背中が丸くなると格好が悪くなる。そんなわけで胸を張って、美しく歩くた …

no image

急いで流行を取り入れるための不毛な努力をしているわたしたち

現代はスピード・シックの時代。私たちは終わりのないサィクルにはまってしまい、急いで流行を取り入れようとして不毛な努力をしている。私たちは新たなトレンドに惚れ込むが、やがてはそれに飽きるだけでく、それを …

no image

自分だけのベルトを作る-つくるよろこびを味わいたい方におすすめ

・自分だけのベルトをつくってみる ジーンズをはくことがありますか?私なんかも毎日のようにはいています。ジーンズを上手にはくのに欠かせないのが、幅広の、しっかりとしたべルト。今どきジーンズをはかない人は …