雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

良い医者を探す基準-良い例と悪い例を比較してみよう

投稿日:2014年11月21日 更新日:

「塩分を制限してください」

塩分制限を指示したからといって、必ずしも良い医者とはかぎらない。医者は栄養学に詳しくないので、具体的にどのように塩分制限をすればいいのか知らないのだ。高血圧で通院中の患者に対して、医者が言うコトバ「塩分を制限してください」。もし、塩分制限を指示せずに、たんに薬を処方するだけの医者がいたら、それは悪い医者だ。だから、患者の方から、塩分制限の具体的方法を質問してみて、すらすら答えられれば良い医者、答えられなければ悪い医者だ。

「そのお金は受け取れません」

もちろん、本当に受け取らない主義の医者もいるが、病院の規則でしぶしぶ受け取らない医者もいる。しかし、受け取れませんと言いながら、すでに手が半分出かかっている医者も多い。退院する時や、お中元やお歳暮の時期に、患者が主治医にお礼を渡そうとすると、受け取れませんと言って断られることがある。だから、もし主治医が受け取れませんと言ったら、顔の表情や態度に着目しよう。

インフルエンザが流行っています

「インフルエンザが流行っています」

このコトバの裏には、二通りの意味がある。一つは、インフルエンザの患者がたくさん来るから、病院が儲かってうれしいなという自分勝手な意味だ。もう一つはあなたもインフルエンザにかからないように気をつけてくださいという良い意味。どちらの意味で使っているかを見分けるには、医者の顔の表情に注目するといい。

「いつもの薬をだしておきますね」

高血圧や糖尿病の場合、医者はいつもの薬を出しておきますと言って、同じ薬を出すことが多い。しかし、患者の方からいつもの薬を出してくださいと言わない方がよい。もしそんなことを言うと、短気な医者は、薬の内容を決めるのは、患者ではない医者が決めるんだと思ってムッとすることがある。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が初めてである。ある地方の病院からこの春、都内の総合病院に赴任してきたR内科医。以前いた病院は、個人病 …

no image

エントラッセンとは?退院のことを英語でこう呼ぶ-用語集

・エントラッセン(entlassen) 若手医師にうっかりこの患者は今日の午後にENTだなどと言うと、その患者を耳鼻咽喉科に連れて行ってしまうことがある。なぜなら、耳鼻咽喉科もE(ear、耳)、N(n …

no image

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長さん不在のときにはほかのナースがのびのびしている様子です。こんな違いを感じてみるのも、おもしろいもの …

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは強い。ただ昔と比べると、残業も減っているようだし、アルバイトをしなくても一定の収入が確保できるように …

エムスリーキャリアの評判は?

医療求人を探す場合、求人広告や求人サイトなどを利用すると思いますが、おすすめしたいのは、エムスリーキャリアという求人サイトです。エムスリーキャリアでは、過去に、転職後に年収が200万円~300万円もア …