雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者を目指すと決めた頃にあった志はすぐに崩壊していくという話

投稿日:2014年11月20日 更新日:

医者になり、実習の頃に見ていた先輩の姿が医局ではまったく違って見えることを知る。同時に自分が医者としてどういう道を進めばいいのか、混乱していくのが普通のようだ。医学生の頃に思い描いていた医者の理想像は一瞬にして崩れていく。そこにあったのは教授を頂点とするピラミッドのなかで、沈黙する先輩たちの姿。

エリートとか、専門職であると思っていた医者の世界に、階層社会で自分の地位を守るためにあくせく研究する先輩を見ることになる。そこから抜け出し、本当の意味で世間の評価を受けていくには、ずば抜けた能力と、一貫性がないと無理であることがわかってくる。

人間を診るはずの学問が、意外にも精神と肉体を切り離した学問であることに気がつかず卒業し、さらに閉鎖性の高い大学病院の医局にいれば、ますます批判能力の低下が起きてしまうという。常識のない医者というのが、さほど不思議ではないのが、医局のなかの医者ということになるようだ。

医学界という特殊な集団

オウム真理教の事件では、受験戦争の勝利者であるはずの名門医学部を卒業した医者がカルト教団に入信し、殺鬼にまで関与し、一見不可解に思えるが、医学界という特殊な集団に入ってしまうことで、すでにそこで世間一般常識の欠如が始まるようだ。

さらに医局の状況に不満を持ち始めたとき、自分の能力をもっと認め、高めてくれる人間がいると信じてしまえば、そちらに引かれてしまう。自由な批判力を持てない医局という環境は、本当の意味での科学者は育ちにくいらしい。

病棟実習で臨床を垣間見ても、その素早い手つき、的確謹諸断はすべて憧れとなる。そういった立ち居振る舞いは、人間的にもバランスがとれているように見えるもののようだ。だからいいところしか見ないし、医学生の頃に見る医者の姿は願望が潜んでいると気がつくのは、医局に入ってから。医学生は臨床実習で各医局の様子を知り、自分の将来の行き先を決めることが多い。

多くの医者は自分が医局で、どうすれば生き残っていけるかを考え始める。日本の学会でどう評価されるか、そのためにはどんな研究をやればいいのか、努力は違った方向へ向かっていく。医者になる前の、人のために医学を学ぶという姿勢が消えていることすら気がつかないのだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

小児科医が子供にびびりまくった情けない話

・小児科医がコドモにビビった話 患者が大人だと、会話1つにも駆け引きがある。小児科医を選ぶ理由に、子供が好きというのは当たり前だろう。しかし、その言葉には大人を相手にしなくていいという意味も含まれる。 …

no image

医学は英語が共通言語

医学は英語が共通言語。語学の勉強は重要。医学部の場合、第二外国語でドイツ語をとる人が多いようだが、今はドイツ語の重要性は、昔と比べてかなり低下しており、英語の重要性は増大する一方と言ってよい。ひとつに …

no image

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、ある程度自分で判断して医療が行なえるようにと、大学病院では安い給料で働く、貴重な医療スタッフとなってく …

no image

ガーデンクリニックの豊胸術の評判は?

ガーデンクリニックは、日本美容外科医師会認定医療機関ということで、信頼できる美容クリニックです。 ガーデンクリニックは、 池袋院 新宿院 品川院 横浜院 名古屋院 大阪院 福岡院 にクリニックを構えて …

no image

紹介を受けよう!隔週相談可能の医師求人支援サイト

医師の中には、過酷な勤務を行っている場合がよくあります。あまり重労働で、体を壊してしまい、辞めてしまう医師もいます。1ヶ月の休みが4日以下という医師がかなり多いようで、中には、休日がないという医師まで …