雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

投稿日:2014年11月20日 更新日:

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、ある程度自分で判断して医療が行なえるようにと、大学病院では安い給料で働く、貴重な医療スタッフとなってくる。大学病院研修医を抱え込むことで補助金も出るために、ある意味では財源を確保することなるからだ。本来は研修医の教育に使われるべき、そういった補助金は、まずその目的のために使用されることはないという。

医者になるという実に単純で強い動機があるために、医学部に入ってきた者のなかでは非常にモチベーションが高い。不況に強い職業ということで、最近はまた医学部志望者が増えている。ただのサラワーマンはいやだ、特殊な技術を持った職業につきたい、そんなことが動機で医学部を受ける者も多い。当然、医学部に入っても、勉強を徹底的にやるので、成績も上位にいる人である。

現在の医学部で医学教育を担当する医者の評価は低い。そればかりか研修医をきちんと教育するシステムすらほとんどできていない。何度も改革が行なわれているが、あくまでも大学内部の問題として処理され、卒業後の医学教育に真剣に取り組むことはないという。

医学部を出てからの努力が重要

医者というのは医学部を出てからの努力が重要で、それが本当の意味で医者を作り上げるし、いい研究者にもなる。とにかく医者になるということで医学部で頑張ってきた人間は、医者になったと同時にやる気を失い、あのすさまじい意欲は消えてしまうことが多いようだ。むしろ、成績がいいから医学部に入った人より、途中から成績が上がってくる場合がある。しかし、こういう人にも当然落とし穴がある。医者になってからの放心状態である。とにかく医者になるという大きな目標を達成してしまうと、そこから先がなくなってしまう。

医者になって見えてくるものは、階層制でがっちり固められた医局という存在である。一人の研究者として、独立して自由な医学研究などとてもできる環境ではないということだ。しかし、研修医の二年間で見えているものは、それでもほんの氷山の一角にすぎないこと。それほど医者の世界は、閉鎖され、自由のない世界であるといわれている。そのことがようやく見えるのが医者になってから二年後である。

臨床医としてのテクニックはそれなりにマスターできても、自分の進むべき道を見い出せないで、さまよう医者になってしまう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ダイエットできないなら断食をせよ

今、プチ断食なるものがよく言われていますが、断食をすると、体に色々なよい効果をもたらしてくれます。 断食をすると、免疫系と組織の再生をするためのプロセスに回すことができるようになります。体内の余剰物や …

no image

女医が結婚を機にアルバイトを探す場合に役立つサービス

女医さんが結婚をし、出産をすると、これまでのように常勤で働けなくなることがよくあります。そこで、常勤で勤務していた病院を離れ、アルバイト勤務ができる病院を探し出します。 子育てをしながら仕事ができる時 …

no image

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい。開業医の行動半径は実は狭いらしい。 実は、開業医の行動半径の狭さといったら、他の職業の比ではないという。Y氏もそのひとりである。ちなみに、Y氏の医 …

no image

診断書を偽造させようとする人がいる

診察室に入るなり、ああ、女医さんだ。ニカッと笑みを浮かべるオバさんには、嫌な予感があるようです。そんなオバさんは、下心を抱いている場合が多いのです。 たとえば、来週の月曜日からハワイ旅行に行くんで、会 …

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気をつけよう院内廊下で事故多発、一人ひとり移動には安全第一を心がけましょう。まるで笑い話のようだけれど …