雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

投稿日:2014年11月11日 更新日:

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる間柄のはずなのに、奥様はダンナ医者をなかなか信頼しないといいます。ビールばかり飲んで、ソファーで口を開けてゴロ寝しているダンナの姿を見ていると、どうもそれだけで効かない、治らない、になってしまうのでしょう。

医者自身も病気になります。奥様が病気になり、医師であるダンナ様の診察を受けに来ることも、あるのです。その家族だってケガや病気になって、治療のために副院することもあります。普通の患者さんのように、どうなさいました?なんて聞くのも、ナースの手前、恥ずかしいでしょう。とても無愛想です。

様子はすでに数日前から夕食時の会話や、お風呂上がりのパジャマ姿のときにでも、すでに相談されています。状態はよくわかっています。後ろに腕が回せないのよねぇ。ほら、こっち向きがダメなのよ。ねぇ、ちゃんと診てよ。あなた、最近どうも肩が痛いんだけど、五十肩かしら。でも、診察室でカルテを前にすると、再びきちんと質問します。

急に他人行儀になったりするもの

奥様のほうも、ーカ月前から、どうも肩が痛くなりまして。急に他人行儀になったりするものです。それなのに、家に帰ってビールの栓を開けるころには態度が変化していて、なんで、あんなに痛いの。本当にあれで効くの?一昨日よりもっと痛くなってきたみたい。今日、あなたにされた肩の脾節注射、すごく痛かったわ。なんて、ズケズケいうに違いありません。

ちなみにある医師の両親は、一度もその医師の診察室で受診したことがないという場合もあるようです。休みの日には、パジャマ姿のままでテレビを見ながらゴロゴロし、アイスキャンディーをペロペロなめている姿を見ていて、医師としての信用がないんでしょうね。近所の信頼できるホームドクターに、健康のことは相談しているようです。

まったく他人の病気を通じてのみの関係、患者と医師というほうがかえってよいこともあります。真の悩みや体の事情は知り合いにはいいにくいことも多いんです。医者を選ぶときには、親戚や仲のよい友達の医師を心強いと思いがちですが、それは時と場合によります。主治医を決めるときに親類縁者にこだわりすぎると、後悔することもあります。覚えておきましょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ストーカーの考え方 つきまとうのは何故か

ストーカーは社会問題となっている。ストーカーというと男性が女性にしつこく付きまとうイメージがあるが、その逆で、女性が男性に付きまとうストーカーのケースもある。 2000年に制定されたストー力ー規制法は …

no image

駅チカで通勤が楽な医者求人を探している方におすすめのサイト

駅チカで通勤が楽な求人を探している先生は、どうやって求人を探しておられるでしょうか?職安で探しますか?求人広告を見て探しますか?それとも、病院のホームページを見て探しますか?インターネットの求人サイト …

no image

夜間救急病院の実情-急患をイヤがる色々な理由や事情

医者の多くは死に対する感慨をなくしてしまうようである。極めて醒めた感情で人間の死に対しているようだ。一時的に持ち直したとしても、どちらにしても助からないと判断した場合、患者の年齢、患者に対する家族の思 …

no image

虫垂炎とはアッぺとも言う-世間では俗に盲腸といわれている-俗語集

・アッぺ 日本語訳は虫垂炎であるが、世間では俗に盲腸といわれている。しかし、盲腸という言い方は正しくない。正式にはアッペンディサイティスというが、少し長ったらしいので、通常は略してアッペと呼んでいる。 …

no image

制服を着ると性格も変わる心理

人は与えられた役割によって残酷になりうる。もしも男性が警察官の制服を着てみたら、自然と胸を張って堂々と歩こうとするのではなかろうか。 制服を着ると性格も変わることがある。自分は暴力はふるわないと思って …