雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

投稿日:2014年11月11日 更新日:

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる間柄のはずなのに、奥様はダンナ医者をなかなか信頼しないといいます。ビールばかり飲んで、ソファーで口を開けてゴロ寝しているダンナの姿を見ていると、どうもそれだけで効かない、治らない、になってしまうのでしょう。

医者自身も病気になります。奥様が病気になり、医師であるダンナ様の診察を受けに来ることも、あるのです。その家族だってケガや病気になって、治療のために副院することもあります。普通の患者さんのように、どうなさいました?なんて聞くのも、ナースの手前、恥ずかしいでしょう。とても無愛想です。

様子はすでに数日前から夕食時の会話や、お風呂上がりのパジャマ姿のときにでも、すでに相談されています。状態はよくわかっています。後ろに腕が回せないのよねぇ。ほら、こっち向きがダメなのよ。ねぇ、ちゃんと診てよ。あなた、最近どうも肩が痛いんだけど、五十肩かしら。でも、診察室でカルテを前にすると、再びきちんと質問します。

急に他人行儀になったりするもの

奥様のほうも、ーカ月前から、どうも肩が痛くなりまして。急に他人行儀になったりするものです。それなのに、家に帰ってビールの栓を開けるころには態度が変化していて、なんで、あんなに痛いの。本当にあれで効くの?一昨日よりもっと痛くなってきたみたい。今日、あなたにされた肩の脾節注射、すごく痛かったわ。なんて、ズケズケいうに違いありません。

ちなみにある医師の両親は、一度もその医師の診察室で受診したことがないという場合もあるようです。休みの日には、パジャマ姿のままでテレビを見ながらゴロゴロし、アイスキャンディーをペロペロなめている姿を見ていて、医師としての信用がないんでしょうね。近所の信頼できるホームドクターに、健康のことは相談しているようです。

まったく他人の病気を通じてのみの関係、患者と医師というほうがかえってよいこともあります。真の悩みや体の事情は知り合いにはいいにくいことも多いんです。医者を選ぶときには、親戚や仲のよい友達の医師を心強いと思いがちですが、それは時と場合によります。主治医を決めるときに親類縁者にこだわりすぎると、後悔することもあります。覚えておきましょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザと抗原特異的な獲得免疫機構

インフルエンザウイルス感染にともなって起こる、抗原特異的な獲得免疫機構が幾重にも重なり、あなたの体を守ってくれています。 生体の防御機構である非特異的自然免疫機構が、あなたの体を守っています。上気道へ …

no image

白衣の天使と言われるのを嫌がるナースもいるらしい

イメージだけではなく、専門職種として実際の仕事ぶり優しい、親切、白衣の天使。この三つの言葉も、使いすぎるとナースに嫌がられるようです。ナースというと、聖職であり白衣の天使と思われています。この聖職とか …

no image

医療ミスの民事訴訟の問題

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。しかし、ほとんどの勤務医にとっては、事故調は脅威になる。医師会に入っている勤務医は、即刻、医師会を辞 …

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはなれないのだ。世間の人は、医学博士は名医だと思っているが、これは誤解かもしれない。なぜなら、医学博士というの …

no image

大学病院の役職などの仕組み-医局の大きさはまちまち

旧国立一期の大学の付属病院だと、内科だけでも第一内科から第四内科まで医局があったり、私立だと専門の分野ごとに分かれていたりする。たとえば循環器内科、消化器内科、アレルギー内科とか、あるいは教授の専門ご …