雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者になり仕事を探すときに役立つ求人サービス

投稿日:2014年11月17日 更新日:

医学部を卒業し、これから医者になる先生の卵たちは、色々な病院へ勤務することになります。研修を経て、独り立ちしていきますが、今の病院に不満があり、転職を考える先生もいるのではないかと思います。

若いうちは、いくら転職をしても大丈夫ですし、色々な医療施設で働き勉強することで、得られることも多いでしょう。

もしも転職を考え、求人を探す場合には、医師転職ドットコムエムスリーキャリアといった大手キャリアが役に立ちます。医師転職ドットコムやエムスリーキャリアといった大手のサービスであれば、求人数がかなり多いですし、転職エージェントも優秀で、かなり転職をうまくいかせられる可能性が高まるはずです。

もしも、ツテなどがなく、なかなかいい求人を見つけられないのであれば、こういった転職支援サービスを利用したほうがいいでしょう。

医学部に合格すると

医学部に合格すると受験生はそれだけで勝ったという錯覚を覚えてしまいます。医学部に入学することは、国公立では最難関とされ、私立ではもっとも費用がかかる、どちらにしても狭き門です。医者のスタートラインは、全国に八〇ある大学の医学部か防衛医科大学校に入学することから始まります。

医学部は六年間あり、学生は医学知識と実習をみっちり学ばなければなりません。まだ、医者になる切符を手に入れたわけではないのに、人生に勝利した気分になってしまうのです。しかし、この勝利の錯覚が、その後、木っ端微塵にうち砕かれることで、医者的転性格が形成されるのだと思います。

大学にもよるし、担当の教授にもよりますが、検査漬け、薬剤置け、医療の実態が患者のための医療とはほど遠いことを知るわけです。中でも、とくに受験秀才で医学部に入ってきたような、人のためになる仕事をしたいといった動機を持つ、こころざしの高い学生は、自分の選択に疑問を持つようです。ここで医療の現場の実態に直接接して、多くの学生は医者の現実の姿が自分のイメージとはちがっていたことを知ります。

この頃になっても、医者になったら自分だけは患者のための医療をやろうと、まだ考える学生もいるかもしれません。反対に、実家が医者で、家業を継ぐために入った学生は、医者の現場なんてこんなものだろう、と比較的割り切れるようです。とにもかくにも六年間の勉強を終え、卒業し、国家試験に合格、医師免許を取得したとしましょう。

臨床研修を二年間

免許を取得してもまだ医者にはなれません。臨床研修を二年間積まなければならないのです。それまでは医師免許を取得すると、七~八割が大学病院の診療科=医局に入って受けていた研修を、半分くらいの研修医が一般病院で受けるようになっています。二〇〇四年度に臨床研修が必修となりました。複敷の診療科を二年かけて経験することで、幅広い診察ができる医者を養成することがこの臨床研修制度のねらいです。

大学病院の医局では、研修医は病院内の医者の階層社会の一番下に位置づけられます。大学病院の医局に入ると、将来の専門となる診療科が医局によって決められてしまったのですが、新しい制度では臨床研修終了後に診療科をある程度選べるようになっています。二年間の研修医生活を終えると、晴れて医者になります。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

輸血クロスマッチ-輸血する血液を混ぜ合わせて合わせる-用語集

医師の間で使われることがある、色々な用語を紹介しよう。 ・クロスマッチ クロスマッチというのは、患者の血液と輸血する血液をクロスして(混ぜ合わせて)、その両者がマッチするか(相性が合うか)をみるのであ …

no image

入墨除去 池袋サンシャイン美容外科の評判や口コミ

池袋サンシャイン美容外科の入墨除去の評判はどうなっているのでしょうか? 池袋サンシャイン美容外科の入墨除去の評判はいいです。ネットなどで池袋サンシャイン美容外科の入墨除去の評判を調べても、悪い評判は見 …

no image

男の子はみんなマザコンで女の子はファザコン

男の子はみんなマザコンで、女の子はファザコンだ。自分は絶対にマザコンではない、ファザコンと思っていても、どこかに一面は寝っているものだ。 じつは子どもの頃は、誰でも異性の親に性的な愛情を抱いている。大 …

no image

医者は人間性が要求されることと医学研究を続けていくことの二律背反

普通の会社組織では、仕事ができればいい、会社の発展に貢献できればいいということになろうが、医者の場合、医学研究を続けていくことと、人間性が要求されることとは、二律背反することなのである。医者になり、さ …

no image

体温計の入れ方を間違えた女子高生のお話

・女子高生、ちょっと言えない体温計事情 夜更けの救急センターの診察室。どうなさったんですか?強引に父親に連れてこられた17歳の女子高生が、おずおずと入ってきた。見たところケガをしているようでも、救急セ …