雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

投稿日:2014年11月21日 更新日:

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量をキチンと覚えていないので、薬剤師や看護婦に聞いたりする。同じ種類の薬でも、ー錠中に含まれている分量が多いものと少ないものとがある。もしこれを間違えると、薬が効かなかったり、逆に効きすぎて副作用が出たりするのだ。

精神的な悩みによって、体の症状が出てくる場合がある。もしそうなら、いくら薬を飲んでもなかなか治らない。ヤブ医者は、それに気づかない。あるいは、気づいていても、そこまで踏み込んで病気を治してあげようという気がない。体の病気を治すのが、医者の仕事である。良い医者は、それに気づき、仕事や家庭の悩みがないかを聞くものだ。

熱心さについては、とにかく不言実行だ。これに限る。私は熱心な医者でしてねなどと、ぬけぬけと言う医者はいない。たとえば入院患者の場合は、自分の主治医が他の医者よりも頻繁に病室に来るか、病気や治療法の説明が丁寧か、夜遅くまで病院に残っているか等が、熱心さを見分けるメルクマールとなるのだ。

人がせっかくいい気持ちで寝ていたんだから

人がせっかくいい気持ちで寝ていたんだから、病院なんかに来るなよと不満を言っているのだもし、こんなことを言う医者がいたら、その病院へはもう行かない方がよい。夜中に患者が来たのでタタキ起こされた当直医が言うコトバ「何で夜中にくるんだ」。もちろん、夜中に来た理由を尋ねているのではない。夜中に患者が来ることを承知で当直しているのだから、こんなことを言うこと自体が、そもそもおかしいのだ。

優秀な医者は、その可能性も考慮して、もしなかなか治らなければ、夜中でもいいから連絡して下さいと言う。しかし、ヤブ医者は、とてもそこまでは頭が回らない。腹痛の原因としては、急性の胃腸炎が多いので、たいがいは薬で治る。しかし、中には、別の病気が原因となっており、しかも手術が必要な場合もある。もし本当にそうなら、翌日まで待っていたら手遅れになりかねない。

良い医者は、とりあえず、血液検査でもやっておきますか、とりあえず、この薬でも使ってみますか、などといった言葉は使わない。このコトバには緊急事態ではない重症ではないというニュアンスが含まれているが、いかにも手抜きをしているという印象がある。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

小児科のドクターが転職したいと思ったら知っておくべきサイト

小児科学会に登録しているドクターの数は20000人ほどだそうですが、その20000人のうち、女医さんの割合がかなり多く、全体の35パーセントから40パーセントもいるそうです。女医さんの人数を考えると、 …

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者である。その場合、良い医者は、薬の必要性をキチンと説明するが、悪い医者は、何も説明しないで、薬をたくさ …

no image

研究論文というのは大きな隠れ蓑になってしまう

まさに研究というのは大きな隠れ蓑になってしまう。肩書きが上がるほど、原著論文と呼ばれる純粋な研究論文は少なくなるようだ。研究論文と称しても、医学系の商業誌、医学実用書、さらには科学雑誌なども含まれてく …

no image

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生経験を積むことになる。これではあまりにも遅いといわざるを得ない。その間の患者は犠牲となってしまう。 …

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別が少なくなってきています。かつては女性の職種だった看護婦さんや保母さんにも男性が進出してきました。男 …