雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者で知識の多い人を見極める方法や良い医者を見極める方法

投稿日:2014年11月21日 更新日:

知識が多い医者かどうかを調べるにはどうすればいいかというと、以下のような方法がある。たとえば、診察室に医学書が何冊も置いてあったり、今日の新聞に載っていた医学トピックスについて熟知していたり、待合室に認定医の証書が貼ってあれば、普段からよく勉強している良い医者である。外科の場合は、手術が上手な医者が良い医者である一方、内科や小児科の場合は、医学知識が多いかどうかが勝負どころだ。

タバコは体にとって百害あって一益なしである。特に高血圧や肺の病気の場合は、タバコは体に良くない。それ以外の病気でもだ。悪い医者は、口先だけでタバコはやめろと言うにすぎない。良い医者ならば、タバコをやめられる方法までアドバイスするが。まして、白衣の胸ポケットにタバコが入っているようなら、まったく説得力はない。

たとえば、解熱剤の注射は副作用が多く危険だし、ビタミン剤の注射は気休めにすぎない。それなのに悪い医者は、やたらと注射をしたがる。ゼンソクの発作や胆石の痛みのように、どうしても注射が必要な場合もある。しかし、カゼのように、必ずしも注射が必要ない場合もある。その理由は、注射をした方が、お金が儲かるからだ。

また同じことを質問する患者に対し

もちろん、教養レベルが低いから理解できない患者もいる。もしかしたら、自分の説明が下手だから患者が理解できないのかもしれないのに、たった今説明したばかりなのに、また同じことを質問する患者がいる。すると、悪い医者は、ちゃんと聞いてろよ!とすぐに怒ってしまう。その場合でも、良い医者ならば怒鳴ったりせずに、患者が理解できるまで何度でも説明するはずだ。

前回の診察時に血液検査を行ない、その次に診察に行った時の話。悪い医者は、本当は、検査結果を見ていないのに、ああ、たしか何ともなかったよなどと口から出まかせを言う。良い医者は、自分の方から検査結果を説明してくれるが、悪い医者は、患者に聞かれてから慌ててカルテをめくりだす。

もちろん、たいていの場合はこれでいいのだが、マレに緊急手術が必要な場合もあるから、内科や小児科の場合にいえることだが、薬を出したら、これでもう自分の役目は終わったと考えている医者がいる。れでは、良い医者とはいえない。良い医者は、先のことまで考えて行動する。薬を出しておきましたが、もし痛みがひどくなるようであれば、急いで外科でみてもらってくださいというように。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

エリート医学生が転部を決意したある理由

C君は昨年まで国立大医学部の3年生だった。医学生にとって、解剖実習は避けては通れない道だ。ところが、その道をどうしても通れない医学生がいた。だれの目にも将来有望な医者の卵だった彼は、入学してからも、同 …

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。それなのに、三つともすべて自費だったんです。白衣もクリーニングは、病院で負担してくれる。院内に洗濯物 …

no image

インフルエンザ生ワクチンの特徴

生きたウイルスを用いて作る、生ワクチンというワクチンがあります。インフルエンザワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンとがあります。 従来の注射によるワクチン接種は、不活化ワクチンのほうです。不活化ワ …

no image

アレルギー性鼻炎の症状は?原因は?薬で治らない?手術は?

アレルギー性鼻炎は、風邪をひいていないのに、鼻水やくしゃみがひどくなる症状が出る鼻炎です。 アレルギー性鼻炎は、1年中症状が出るタイプと、ある季節だけ症状が出るタイプがあります。 1年中症状が出るタイ …

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もいます。あまり知られていないのは、夜勤をした翌日も平常勤務が原則だということです。月曜日の朝いつもの時 …