雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者がテレビ出演をすることは必ずしもいいことばかりではない

投稿日:2014年11月19日 更新日:

テレビ出演なども、本来は病院の就業時間であっても、教授レベルであればまったく問題がない。外来の代診を頼んでまで、テレビの健康番組に出演しているというような方もいるようだ。自分の売名行為とわかっていながら、タレントのような仕事が面白い時期と思うのだろう。しかし、実際にはメディアに自分の大学病院の名前が出るメリツトを理解している病院経営者はほとんどいない。個人経営の医者であれば、売名行為でメディアに出たりするものだが、大学病院ではただの目立ちたがりとしてしか受け止められないからだ。

国立系大学病院であればかなり規制がうるさいのだろうが、私立医大ではメディアに出るということが大目に見られる。大学にとっては宣伝効果を期待してのことかもしれない。テレビで見た学生は、いい広告塔だからきっと大学から特別扱いされているに違いないと思っていたようだ。

ある作家は、直木賞を受賞したとき、その作家の勤務する会社のイメージを上げたということで社長賞をもらったと聞いたことがある。一般企業ならそういった評価もあろうが、こと大学病院という組織では、目立つ医者、それも研究以外で世間に名前を出していくのは馬鹿だといわれる。馬鹿とは、教授選でそういった行為は不利になるという意味である。

嫉妬につながる

自分の名前が売れる、有名になるというのは、誰にとっても快感である。しかし、大学病院の医者は研究で有名にならねば、邪道であり、タレント医者にすぎないとマイナスのレッテルを貼られてしまうこともあるようだ。大学の名前を使って、自分を売り込んでいるとしか思われないのだ。

教授になってしまえば、テレビにいくら出まくっても文句を言われることはない。教授より下の肩書きの医者にNHKテレビの健康番組から出演依頼があったが、教授から待ったがかかったと聞いた教授の立場からすれば、同じ専門分野で自分より下の者が目立つことは、嫉妬につながるのだ。

たいがいの医者はテレビなどに出る目立った行動は控えているのが普通であり、出演依頼があれば、主任教授におうかがいを立てることになるようだ。目立つ医者はそれなりの覚悟がいることはたしかだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医師の各専門科目別の求人を探すなら

医師の各専門科目別の求人を探すなら、転職支援サービスが探しやすいでしょう。転職支援サービスは国内にたくさんありますが、おすすめなのは、医師転職ドットコムとエムスリーキャリアです。 このどちらの転職支援 …

no image

知っておこう!眼科の先生の転職を支援してくれるサービス

眼科の医師の求人はそれほど多くはないですが、ニーズが低いわけではありません。総合病院、一般の病院でもにニーズはあり、募集案件はそこそこあるようです。そういったこともあり、眼科医が転職を考える際、求人を …

no image

翼状針の意味を取り違えた恥ずかしい話

ある病院でのお話。患者の点満液の具合を見ていたH医師がU子に向かって、翼状針を出してくれないかと言った。看護婦のU子は「エッ?」っとびっくりした。H医師はもう一度言った。「翼状針だよ、ヨクジョウシン! …

no image

病院の受付嬢が対応に苦労した来院者たち

最近の大病院の薬局や受付は、オープンカウンターが一般的である。内と外はちょうど銀行のカウンターのようになっていて、全体が見通せる。しかし、ここの病院の脳神経科の窓口はワケあって昔ながらのスタイルのまま …

no image

人生いろいろ、ケガの人生色々

今のご時世、もっとも実入りがいいのが、土木作業員である。学生最後の夏休みにアメリカ一人旅を計画した大学4年生のO君は、学業そっちのけでアルバイトに精を出していた。3Kの代表格とも言われ、年中人手不足の …