雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

投稿日:2014年11月11日 更新日:

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外国語みたいな土地もあった、が共通意見だそうです。会社員の栄転や左遷のように、その関連病院には当たり外れがあります。どこへ行くかというと、関連病院と呼ばれる、大学病院から医者を派遣しているところです。

なにしろ、医療は人と人とのコミュニケーションがなにより大切です。病院の規模もさまざまだし、設備もさまざま、職場の人間関係もさまざま、収入だってピンからキリまであります。痛みのたとえでも、一般に使われやすい、ゴチクチク痛いとゴキリキリ痛い、この二つの相違はわかります。でも、その地方独特の表現で、ウジウジ痛いとかミリミリ痛いなどといわれると、どんな感じなのかよくわかりません。

そこで医者がわからないと、患者さんにははっきりと嫌われます。配達に来た酒屋さんのオジさんは、その家の奥さんに、ヤブ医者情報を伝えます。八百屋さんの店先での立ち話のネタにされます。

地獄の日々になってしまうことも

その後、2年間はそこで暮らして診療をする転勤医にとって、地獄の日々になってしまうわけです。あの、しぇんしぇ~、標準語しかダメなんて、スカしてるヤブ医者だという噂が、地域一帯にものすごいスピードで広まりますから。

病院での会話では、お互いに理解できないことがあると治療に支障をきたします。医者もその土地の言葉や表現を覚えようと努力はするでしょう。でも、患者さんのほうでも、この医者は、来たばっかりだからしょうがない。標準語でしゃべってあげようと、少しは譲る気持ちを持ってあげましょう。長年住んでいる人々にとってはごく普通の言葉も、外来者にとっては最初はなじめないものです。

転勤の苦労は二つ。引っ越しのたびに貯金を使い果たすことと、方言を覚えることとだそうです。勤務医の引っ越し費用や、転勤地でのアパートの権利金や敷金と家賃、研究会で大学病院まで出向く交通費や宿泊代も自前のようです。でも、たいていの医者は、やがて転勤先の地域やそこの人々を、とても好きになります。ずっとあとになってもいいところだったなぁと、思い出を語ることになるようです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

自己愛型対象選択と依存型対象選択とは?

フロイトは恋愛や結婚の相手の選び方について、自己愛型対象選択と依存型対象選択のふたつのタイプがあるとした。 美少年を求めるのは、自己愛型といえる。若い子を求めるのは、いまや男性だけではない。小さい頃か …

no image

整形外科のドクターが転職を考えているなら読んでおきたい

整形外科医のニーズは高まっています。総合病院などで、整形外科領域全般をカバーするため、積極的に整形外科医を採用しているという傾向があるようです。 また、一般病院などでも、整形外科を募集しているところは …

no image

教授選の激しい舞台裏-道は非常に険しいらしい

教授選は最後の最後まで裏切りなどがあり、教授選は本当に蓋を開けてみないとわからないことが多いようだ。教授選では、教授のなかから学長、院長が選ばれるから、その時は、立候補者が投票する側になる可能性があり …

no image

風邪は薬使わないほうがいいという驚きの新事実!?

かつては、風邪にかかった患者に対しては、十分な休養を勧めることが医者としての常識でした。ところが、今では、風邪で来院した患者をタグでは帰さないということが常識になってしまっているかのようです。 熱が出 …

no image

献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼っているが、献体者は実に少ない。少ないからこそ、本来は無償のはずが、解剖実習のために患者の遺族に金を払っ …