雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

医者に生命保険をおすすめする場合

投稿日:

医者に生命保険をおすすめする場合について。

医院・病院を訪問した際に、「院長先生」「若先生」、「〇男先生」「〇子先生」、というようにお医者さんが呼ばれているのを耳にすることがあります。親子、夫婦、兄弟姉妹が一緒に働いている医者に対してはこんな提案をするわけですから、複数の生命保険提案が可能です。

医者は、出身大学の自分の所属していた医局の指導教授の指導・指示によって地域病院に派遣され、研修を重ねた後に開業。この点が強調され、〇〇病院は何々大学の系列、どこそこの医局が強いなどと言われている。

景気が悪くなったからと言って病気にかかる割合が減るわけではありません。景気の良し悪しによって患者数が大きく増減するわけではなく、不況に強い職種が医者です。

医者は、開業後も同じ医局出身者との縦横のつながりが強く、一人の医者から契約をいただければ、同じ医局出身の医者の紹介が期待できます。

医者の多くは24~26歳くらいで大学を卒業した後、医局で研究を続け、大学病院あるいは地域病院でも研修、診療を行います。親が開業していれば多少早くなりますが、30歳代半ば頃から40歳前後で生家を継ぐか、個人病院を開業します。

一人医師医療法人を設立

また、医者の場合、兄弟、親戚が別々に開業していることもよくあります。親戚一同皆医者、というわけです。きちんとしたコンサルタントの後、親戚を紹介してもらえれば効率的な営業ができます。

そ収益が大きくなれば「一人医師医療法人」を設立します。個人で開業しているときは個人契約ですが、一人医師医療法人設立後は法人契約も提案できます。一人の医者に長期継続提案が可能となるのです。

お医さん者向けの生命保険の保障として代表的なものに、「全国保険医団体連合会」の「休業保障共済制度」があります。60歳、70歳時点での減囗がありますが、診療に従事していれば、75歳までの長期保障となっています。

勤務医や医療法人の理事長などは、給与所得者で厚生年金に加入していますが、個人開業医は事業所得者で国民年金に加入しています。すなわち社会保障は不十分であり、高額の保障を必要とします。

お医者さんに生命保険をおすすめする場合、こういったことを頭に入れておくといいでしょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険は分類の仕方によっていろいろな分け方ができるが

~生命保険の基本種類~ 生命保険は人の生死を中心とするものですから、保険の対象になっている人(被保険者)が亡くなった場合にだけ保険金が支払われる死亡保険、被保険者が一定期間経過したあとで生存している場 …

no image

生命保険業界は倒産をしている会社も多くあるが

経営危機にある危ない生命保険会社として、週刊誌などで実名を挙げられた保険会社もあります。バブル崩壊以来、金融機関の倒産やその噂をよく耳にするようになりました。保険会社も例外ではありません。しかし、万が …

no image

保険が難しいからといって営業マンに任せっきりでいいの?

保険大国ニッポンでありながら、肝心のところがおろそかになっていることが多いです。ほとんどの人が自分が加入している生命保険についてわかっていないのが実状です。死亡保障が3000万円くらい、というぐらいし …

no image

保険料の計算-計算機を使う習慣を身につける

保険証券は、日ごろ、大勢の相談者から寄せられる保険証券を見慣れている専門家でも、とても難解で読み違えることがあるという。特に漢字系生保の保険証券は、ゴテゴテと付いている特約が分かりにくく、読むのにー苦 …

no image

大病と入院に備える保険など

Aさんは32歳。同い年の奥様は専業主婦で、4歳と2歳の2人の子供がいます。Aさんが入っている保険は2本です。一本は「大病と入院に備える保険」。「医療保険」なのですが、がんの診断時と、急性心筋梗塞と脳卒 …