雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の性格が悪いと言われることがあるが本当か?

投稿日:2015年5月31日 更新日:

私自身は医者になるつもりで医学部に入ったのではなかった。実は映画監督になりたくて、在学中には家庭教師で、卒業してからは医者としての収入を貯めて自主映画を撮るために、収入面でも、自由に仕事を辞めても、また、すぐに仕事を見つけることができる点でも有利な職業だと思って医学部に入ったのだ、とある医師。

深刻な学力低下の現状を考えると、優秀な人間の多くが医者にとられて工学部などが不人気なのは心配だ。ただ、これからはバイオテクノロジー(BT)の時代ーIT(infornationtechnology=情報技術)の次はBT(biotechnology=生物技術)と言われているーだということを考えると、医学部に優秀な人材が集まるのは悪いこととは言い切れない。

よく言われることは、勉強ばかりできる頭でっかちの人間が医者になったり、あるいは医者になる気など大してないのに偏差値が高いからというだけの理由で医学部に入るために、人間として患者さんときちんと向き合えなかったり、性格がいびつな人間が医者になってしまうという問題点であるようです。

頭でっかちの医者は本当に性格が悪い?

問題は、頭でっかちの医者は本当に性格が悪くて患者をきちんと診られないか、ということだ。
一つ言えることは、根っから医者向きの性格の人はそういないということだ。医学部に入って驚いたのは、思ったより使命感を持って医学部に入る人が多いということだった、という医師もいるようです。

高校生の頃から公言していたので、灘高時代の友達はみんな知っていたのだが、医学部に入ってからクラスのコンパなどに行って、うっかりその話題を出してしまったことがあった。すると、心から人間を助けたい、医者としての職業を頑張りたいと思う連中から、「お前みたいな奴が医学部に入るから、心から医者になりたい、心から患者さんを助けたいと思っている人間が一人医者になれなくなってしまうんだぞ」と説教されたものだ、という。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔色が真っ青でとか頬に何かできていてなどとおっしゃりながら、しっかり厚化粧でくるのはやめてもらいたいと …

no image

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るように指導を行った。それによって医療者から警察の届け出が急増したのだが、それに伴って刑事立件が急増した。 …

no image

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげる

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげるという話がよくある。 偉い医者がやることなら許されるどころか、学会でかばい合いまでするのに、そうでない医者がやることは、社会的にもマスコミにも断罪されるというの …

no image

いい医者とよくない医者を見分けるコツや注意点

もし、聞かれもしないのに、自分の方から二流大学病院に勤務していたんだと言う医者がいたら、ヤブ医者だと思った方がいい。医療法には、病院や診療所の看板に書いていいこととダメなことが決まっている。なぜなら、 …

no image

タバコのデメリットや害を知る

喫煙される方は肩身の狭い思いをしていることでしょう。喫煙者はどんどんと肩身の狭い思いをさせられ、今よりももっと肩身が狭くなることは明白でしょう。 もうこの際、そんな肩身の狭い思いをするのはやめにしませ …