雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者は人間性が要求されることと医学研究を続けていくことの二律背反

投稿日:2014年11月20日 更新日:

普通の会社組織では、仕事ができればいい、会社の発展に貢献できればいいということになろうが、医者の場合、医学研究を続けていくことと、人間性が要求されることとは、二律背反することなのである。医者になり、さらに医局の最高責任者である主任教授という権力まで手に入れると、想像もしなかった行動を取り始めることが往々にしてあるようだ。それだけ、主任教授という権力は禁断の実であり、自分の人格さえ失いかねないのだ。そのなかでバランスよく医療を行なっていくのがいかに難しいか。

有能であることは、その世界での勝利者である。挫折のない人間ということは、患者が病で悩む心を、本当に自分の問題としてとらえることはできない。事実、教授で人間的に腰れ、謙虚さを持ち、有能な研究者は多くはいないと言う話だ。

競争社会である医学の世界では、人間性のある医学研究者はまれな存在になっていく。とくに臨床では優秀な医学的能力と当時に、患者に対する思いやりが必要となるが、残念なことにそれを同時に持ち合わせる医者は稀有である。医学には患者を救うという大きな使命がある。研究至上主義であっても、そこに患者の生命の尊厳を守る姿勢がなければ、医学研究自体が意味のないものになる。

あのシュバイツアーですら

あのシュバイツアーですら、素顔は差別的であったとする研究もあるらしい。心の優しさを持ちながら、医者という権力を持っていく難しさがそこにはあるようだ。教授になった瞬間に、まったく人格が変わったようなことを始める人は多いようだ。

傲慢で、権力欲が強く、患者への思いやりというポーズすら作れない教授がほとんどだという噂も聞く。昔の高名な医者、医学史に残る医者も、実際の顔は傲慢で非情で、患者にやさしいということは極かったようだ。あるいはそういう記載は残っていないのかもしれない。

自分に反目する医局内部の勢力を排除し、言うことを聞かない製薬会社は医局入室禁止とし、教授達で自分に投票しなかった教授へのいやがらせを行なうなど、まるで子供のようなレベルで、自分の権力を振るおうとする話もあるようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザ脳症とは?原因や特徴

インフルエンザ脳症は、発生件数は年間200-300人にのぼります。乳幼児のインフルエンザにともなった脳症として大変問題になっており、研究が進んでいます。 インフルエンザ脳症は、サイトカインストームが考 …

no image

ダルムとは何か?ドイツ語で腸のことを差す-用語集

病院では、様々な医師同士だけがわかる用語が存在する。それらの用語は、何も知らない患者が聞いても全く分からない用語だ。そんな医師にしか分からない色々な用語を紹介していこう。覚えておけば、病院で聞きなれな …

no image

論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがにそれは突き返されたというエピソードもあるようだ。そのレベルでの論文がほとんどだから、こういった雑誌に …

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、肺炎というテーマについて、各医学部の権威者に論文を書いてもらうというやり方である。読者にとって、そう …

no image

池袋サンシャイン美容外科のリストカットの評判

「池袋サンシャイン美容外科」では、目立つ傷跡を消す、レーザー治療をおこなっているクリニックです。池袋サンシャイン美容外科は、テレビや雑誌などのメデイアでよく取り上げられていることの多い、有名な美容外科 …