雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師はモテると世間で見られがちだが

投稿日:2015年4月20日 更新日:

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の目で、顔立ちは松平健風、おまけに性格も気さくなので看護婦や女子職員にも好かれている人物である。背が高く、ガッシリした体格の持ち主。R総合病院の内科医長Y氏は今年37歳になるのに、未だ独身である。内気な性格で立ち振るまいもアカ抜けない、ときているから、無理もない話ではある。

タレ目、タレ層、への字口のしまりのない顔つきで、ずんぐりむっくりの体型。三波豊和にそっくりのY氏。まるで、平次親分とハチとカゲでウワサされている2人だが、なぜだか妙に仲がいい。どうやら、自分の容姿にコンプレックスを持つY氏が、ふふん、おれは医者だ。コイツなんかより偉いんだという幼稚なプライドを満足させるために、Nさんを利用しているとのもっばらのウワサである。Y氏などは、ほとんど他の医師とはつきあわず、いつも飲みに行こうとか今度の休みにゴルフに行こうとNさんに誘いをかけているほどだ。

ついに頭にきたY氏

ところが、そんなY氏の思惑とはうらはらに、2人が一緒にいると、Nさんが医者だと思われ、Y氏は頭から無視される。あまりにもそれが重なるものだから、ついに頭にきたY氏、なんとかしてくれと病院上層部に訴えたらしい。後日、医者の名札にだけ医師の文字が入るというお達しが出された。しかし、名札がついても、間違える人はあとを断たない。すると今度は医者だけユニフォームを変えるという案が出た。医者だけ半袖、他の職員は全員長袖である。もちろんY先生のしわざだとのウワサが広まったのはいうまでもない。

Y氏がそこまで差別化、を進めるのには理由があった。なにもそこまでしなくてもと、病院内ではブーイングがしきりであるが、名札事件の数日前、Nさんと院長秘書室のマドンナA子さんとの婚約が整ったのだ。おそらく最後の悪あがきか、セコい復讐のつもりでやったのだろうが、秘かにA子さんにアプローチをかけていたY氏は、みごとにフラれてしまった、というわけである。その後、Y氏とNさんとの仲が急速に冷めたのは当然だが、元来細かいところに頓着しないNさん、なにごともなかったかのように幸福に過ごしているとか。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

首が痛い時の治し方は?頭痛の場合は病気?病院は?

突然首が痛くなるときがあります。また、慢性的に首が痛い方もいらっしゃるでしょう。 首が痛くなる原因は筋肉痛や首のこりが考えられます。ずっと上を向いていると首が痛くなったりすることがあると思いますが、普 …

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や島根でも研修医が増えているということは、むしろ若い医者の間で、地域医療を学びたいというニーズが増えて …

no image

医学専門誌ならではの広告

どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医も同じ。そこで、どこの開業医も頭を悩ますのが、跡継ぎ問題である。たとえばこんな話がある。S内科は開業して12年、ようやく経営も安定したとこ …

no image

腕のいい外科医師が転職を考える際に利用したいサービス

腕のいい外科医師が転職を考える場合、高年収の求人に応募することも可能になるでしょう。現在医師不足が叫ばれ、優秀な外科医の数は少ないですので、腕のいい外科医の先生であれば、多くの病院が喜んで採用をしてく …

no image

小児科のドクターが転職したいと思ったら知っておくべきサイト

小児科学会に登録しているドクターの数は20000人ほどだそうですが、その20000人のうち、女医さんの割合がかなり多く、全体の35パーセントから40パーセントもいるそうです。女医さんの人数を考えると、 …