雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者からもらった薬たまっていませんか?

投稿日:2015年2月16日 更新日:

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が途方もなく増えてしまい、飲むべき薬がグチャグチャになってしまった例をあげてみましよう。

たとえば、ここに七五歳のおばあさんがいるとしましょう。最近以下のような症状があるのです。

・食欲がない。特に脂っこいものは。
・新しいことが、なかなか覚えられず、もの忘れが多い。・緊張すると血圧が上がる。病院で計った血圧だけが高い。
・歩き始めに膝が痛い。
・耳が遠く、小さな声が聞き取りにくい。
・階段などで息が切れることがある。

このおばあさんがその点ばかりにとらわれたり、少し心配症であった場合はどうでしょう。きっとこんなふうに考えるでしょう。いずれも七五歳という年齢を考えるとありふれた症状ですね。もちろん一つの症状が重大な病気の始まりであるという可能性は完全に否定できません。

かかりつけ医を持たないと

・食欲がないのはひょっとするとガンかもしれない。
・もの忘れはボケの始まりだったら大変だわ。
・神経内科でCTってのをとってもらいたい。・耳鼻科で聴こえの検査をしてもらいましょう。
・病院で計った血圧だけが高いのに、心臓の医者はいつも血圧の薬を飲んだほうがいいって言っているし。
・呼吸器科でレントゲンも撮りたい。
・消化器科でカメラを飲みなさいって言われたことがある。
・ああ膝も痛い。整形外科では単なる老化現象と言われた。でも私はリウマチが心配。
・あちこちを心配しているうちに不眠症になってしまった。・耳が遠い。難聴かしら。
・息切れは肺が悪いのじゃないかしら。

この話はやや誇張してありますが、皆さんの周りを見渡すと決してあり得ない話ではないでしょう。ここで私が言いたいことはもしこのおばあさんが、かかりつけ医を持たず、自分の判断で行きたい病院へ行ったとしても、困惑してしまうことは目に見えています。このままだと、薬を飲むのをやめてしまうことにもなりかねません。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

老人内科の求人がなかなか見つからない人必見!

老人内科の求人はあまり多くないように思われがちですが、意外に求人数は多いようです。求人誌などで探すと見つかりにくいようですが、エムスリーキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職支援サービスであれば、か …

no image

医学部を卒業してから自由な研修ができるのは

あまり地域枠にしばられることを重く考える必要はない。しばられるのは、せいぜい十年だ。これは自治医大などと同じだが、十年くらいはあっという間のようで、それ以降は普通の医者と同じようにやっていけるし、逆に …

no image

レッテルを貼られると本当に不良になってしまう

人は何かのレッテルを貼られると、自然とそれらしくふるまうようになってしまうことがある。もともと不良ではないのに、不良のレッテルを貼られると、本当に不良になってしまうことがあるのだ。 ある男子高校生があ …

no image

医者の向き不向きなど

もともと医者向きの性格などという人がそんなにたくさんいるのか疑問だし、性格的には献身的で人助けが好きでも、たとえば記憶力がさっばりだったり判断力がさっぱりで、結果的に正しい治療ができずに患者さんを死な …

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の目で、顔立ちは松平健風、おまけに性格も気さくなので看護婦や女子職員にも好かれている人物である。背が高 …