雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者が高収入だと思っていたら・・

投稿日:2015年4月24日 更新日:

2人は高校の同級生。同窓会の二次会に遅れてやって来た彼と、9年ぶりに再会してから恋が燃え上がった。OLのM子さんの彼氏は学病院の医師である。といっても研修2年目の新米医師だ。みんなの想像しているのとぜんぜん違うのよ。お医者さまなんて、すごいと会社の同僚たちは言うが、M子さんはそのたびに否定する。ほとんど家には帰れず病院に泊まり込み、朝から晩までバタバタと働きづめ。

医者といえば超エリート、優秀で将来有望、そのうえ高収入、と思いきや、実際、研修医の生活は悲惨きわまるのである。つき合って半年後のある日曜日、彼が久しぶりに休みがとれた。給料日の翌日で、リッチに映画と食事でもと思ったが、彼の口から出た言葉は、いや、公園に行こうお年ごろだ。なんとなく話題は同僚の結婚話へ。それでね、結婚指輪がお給料の半年分ですって。ふつうは3カ月分ていうのにねえ。そのとき、彼の顔がふと、くもった。給料の3カ月分かあ。こうつぶやく。

20万のダイヤモンドなんてあるのかなぁ

20万のダイヤモンドなんて、あるのかなあ。じゃあ、オレの給料じゃ20万にもならないな。3カ月分が20万にならないってことは、1カ月6~7万?ウ、ウソーッ。医者ってホントはビンボーなのね。その瞬間、恋する乙女のほのかな結婚へのあこがれは、遠い遠い彼方へ飛んでいったのである。でも、そういえば、ファーストフードもワリカンで、たまに行く居酒屋では、ゴメン、今日金ないんだとM子さんの方が払うことも多い。着ている服は一張羅。初めてのプレゼントは500円のコーヒーカップだったっけ。

デートはせいぜい病院近くのファーストフードでハンバーガーを食べるくらい。あとは毎晩3分間のラブコールだけだ。それでも、2人の愛に変わりはない。相変わらずなかなか会えないけれど。結婚なんか先の先よ医者の彼氏はイイなあという世間のとんでもない誤解を軽くかわしながら、M子さんはすっかり芸のためなら女房も泣かす~りと、苦労人の妻の気分なのであった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

老人内科の求人がなかなか見つからない人必見!

老人内科の求人はあまり多くないように思われがちですが、意外に求人数は多いようです。求人誌などで探すと見つかりにくいようですが、エムスリーキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職支援サービスであれば、か …

no image

必見!専門医が利用するべき転職支援サービス

専門医の先生が、今の職場を辞めて転職を考える場合、不安に感じることがあると思います。求人誌には、全体の症例数、他の医師の状況などを知ることはできません。 使用機材の状況なども、求人誌を見るだけでは分か …

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少ない看護婦になるから、ミスが発生しやすい。医者にしても、今は麻酔医にだけある認定医の制度をほかの科にも …

no image

医学は英語が共通言語

医学は英語が共通言語。語学の勉強は重要。医学部の場合、第二外国語でドイツ語をとる人が多いようだが、今はドイツ語の重要性は、昔と比べてかなり低下しており、英語の重要性は増大する一方と言ってよい。ひとつに …

no image

医者の診たての間違いは自分の専門外の病気について

診断医者の診たてについては、診たてが医者の能力のすべてという専門家もいますが、ここでは、かしこく医者にかかるために、必要最小限の診断と検査の知識を提供しましょう。 内科医として三〜四年が過ぎれば、おお …