雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

投稿日:2014年11月21日 更新日:

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際には初めましてこんにちはという挨拶代わりに使っている医者が多い。「どうしましたか?」。医者が最もよく使うコトバの一つ。ただ、どうしましたか?というのは、少しくだけた言い方なので、良い医者はどうなさいましたか?と敬語で言うものだ。

夜中や休日に、つまらないことで患者が訪ねてきたり電話がかかってきたりすると、非常に迷惑だから、自分の住所や朋電話番号を患者に教えたがらない医者は多い。しかし、もし自分の方から自宅の電話番号を教えてくれる医者がいたら、それはメッタにいない。超優良ドクターだと思ってよい。

どなる医者のことを、医者の仲間うちではドナルド・ダックと呼んだりする。あるいは、ヤクザな医者という意味で、ヤクザイ師と呼ぶこともある。医者のことを英語でドクター、略してドックという。まぁ、いずれにせよ、患者にどなる医者は最悪だと思ってよい。主治医を代えてもらうように院長先生に頼むか、別の病院に代えるべきだ。

良い医者はいかがですか?

どうですか?という言い方は、あまり丁寧なコトバではないので、良い医者はいかがですか?と言うハズだ。だから、このコトバの裏にはきっと、病気がまだ治っていないんだという二ュアンスが含まれている。どうしましたか?は初診の時に使われるが、どうですか?は再診の時に使われるコトバだ。

TVドラマでもよく使われるが、実際の医療現場でも時々は使う「できる限りを尽くします」。重い病気にかかった患者の家族に対して、主治医が使うコトバ。口から出まかせで言う医者もいるから、そのへんをよく見きわめること。他の医者と比較してみれば、たいてい見当はつくハズだ。ただ問題は、このように言った医者が、本当に一生懸命にやっているかである。

レントゲンやCTや工コーといつた最新の機械に比べれば、聴診器なんかオモチャみたいなものだ。だから、悪い医者は、聴診器をあまり使おうとしない。聴診器を使えば何でもわかると勘違いしている患者が多いが、決してそんなことはない。しかし、良い医者、というより、患者の心がわかる医者は、ムダだと分かっていても聴診器をよく使う。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

全身脱毛STLASSHの評判や口コミ

STLASSH(ストラッシュ)は、医療関係者が選ぶ「最新理論の脱毛サロン」というランキングで第1位に選ばれている脱毛サロンです。 脱毛サロンSTLASSHが導入をしている、最新脱毛法のSHR脱毛法は、 …

no image

外科と内科の先生が良い求人を見つける方法

外科と内科の先生が良い求人を見つけるには、エムスリーキャリアや医師転職ドットコムなどの転職支援サービスを利用するといいと思います。転職支援サービスを利用しますと、すぐに条件の良い求人が見つかると思いま …

no image

タバコのデメリットや害を知る

喫煙される方は肩身の狭い思いをしていることでしょう。喫煙者はどんどんと肩身の狭い思いをさせられ、今よりももっと肩身が狭くなることは明白でしょう。 もうこの際、そんな肩身の狭い思いをするのはやめにしませ …

no image

インフルエンザの耐性ウイルスなどについて

インフルエンザ感染症のコントロールのために、最も有効な手段はワクチンであることはいうまでもありません。国内で使われている治療薬は、ウイルスの表面にある分子を標的にしています。 現在流行しているインフル …

no image

エントラッセンとは?退院のことを英語でこう呼ぶ-用語集

・エントラッセン(entlassen) 若手医師にうっかりこの患者は今日の午後にENTだなどと言うと、その患者を耳鼻咽喉科に連れて行ってしまうことがある。なぜなら、耳鼻咽喉科もE(ear、耳)、N(n …