雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者検索-良心的な人と悪い人の簡単な見分け方や注意点

投稿日:2014年11月21日 更新日:

良い医者は余計な検査はやらないし、たとえ検査するにしても、なぜその検査が必要なのかをキチンと説明してくれる。一方、患者がここが痛いここも具合が悪いと言うと、悪い医者はすぐに検査をしたがる。その方が、お金が儲かるからである。いわゆる検査漬けというヤツだ。もちろん、検査結果の説明もていねいで分かりやすい。

検査後、初めての外来の時に、たいていの医者は検査結果を説明してくれる。しかし、悪い医者は、患者の方から聞かないと結果を説明してくれない。専門用語ばかり使って説明する医者は失格。患者に分かりやすいように説明するのが良い医者だ。生活習慣病で病院に毎月かかっている場合、年に何回かは検査をする。もちろん、ただ説明すればいいというわけではない。

患者が粉薬を希望すると、良い医者は、何も言わずに患者の希望どおりにする。粉薬はサッと溶けるので効果があると誤解しているようだが、決してそんなことはない。錠剤でも粉薬でも、効果は殆ど同じだ。とくに胃薬の場合に多いのだが、錠剤を出すと、粉薬にして下さいという患者が時々いる。しかし、悪い医者はうるさい患者だなと思いながら、えつ、粉薬がいいんですか?と不機嫌そうに言う。

専門用語を使いたがる

専門用語を使いたがる理由は二つある。もう一つは、患者に分かりやすく説明しようという気がないためだ。困ったものである。一つは、自分は偉いんだぞとカラいばりするため。患者が理解できない専門用語を平気で使うのが、悪い医者の典型である。ちなみに、良い医者は抗ヒスタミン剤ですとは言わずに、鼻アレルギーを止める薬ですとか、かゆみ止めですと言う。

良い医者は検査結果が返ってきたらすぐに目を通すが、悪い医者は患者が次の外来に来た時に慌てて目を通す。もし、すぐに入院しなければいけないくらい結果が悪い場合には、最初の対応が早かったか遅かったかが明暗を分
けることもある。胸のX線などの簡単な検査の結果がすくわかるかどうかは、病院側のシステムの問題が大きく、医者の良悪とはあまり関係がない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

大学病院教授は給料が安いからアルバイトで稼ぎまくるらしい

助手になったところで月給は四十〜五十万円、助手になれなければ何年いても研修医並みの十四〜十五万円程度しかもらえないし、ボーナスもない。これでは研究が続けられなくなるし、開業して少しは生活をラクにしても …

no image

教授に評価され研究をやめさせられる医局員の悲劇

研究の評価は実に難しく、専門分野が違ってくると一人の主任教授では判断できなくなってくる。例えば、腎臓が専門の主任教授に、呼吸器の研究を判断させるほうが無理である。しかし、いまのようにいろいろな診療科目 …

no image

メディカルモールといわれる病院ビルはどうなのか

開業するよりはるかに収入が少なく、夜中の勤務など忙しいことの多い中小病院(とくに地方の)がますます医者不足になっている。こんな話を書くと、自分もビル開業ならやってみたいと思った人は少なくないだろう。そ …

no image

ダイエットできないなら断食をせよ

今、プチ断食なるものがよく言われていますが、断食をすると、体に色々なよい効果をもたらしてくれます。 断食をすると、免疫系と組織の再生をするためのプロセスに回すことができるようになります。体内の余剰物や …

no image

喉頭がんは手術や治療で治る?原因や生存率は?検査で発見できる?

喉頭がんは、「のどぼとけ」にできたがんのことです。のどぼとけのことを「喉頭」と呼ぶので、喉頭がんとなります。 喉頭がんは、女性よりも男性に多く発症するがんで、50歳を過ぎたあたりから発症数が増える傾向 …