雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

投稿日:2014年11月19日 更新日:

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していながら。教授の顔色をうかがってやらざるを得ない研究や、研究予算を取ったために無理に結果を出すための研究を行なっているのも事実のようだ。医者のそういった態度にも原因はあるが、さらに医学自体の進歩による細分化のために、全体を見渡すことができなくなり、さらに問題を難しくしている。

医学が科学であり進歩を続けるなら、当然、学会は融合や廃止があってしかるべきだ。学会や研究会の運営、発表内容のチェックがないことが、こういった状況を作ってしまったようだ。さらに発表することだけが目的の、無駄な研究にふだんから時間を割くことになる。学会の存在自体は一見、臨床には関係ないかのように思われるが、学会が開かれる間、医者は出張し、時間と金をロスする。

自分の所属する病院の医療がおろそかになることもあり得る。それでも研究をしているほうが評価が高いために、外来を遅れて姑めようが、大学病院に午前中顔を出さないでいようが許されてしまう。学会のなかにはあまりに発表数が少ないので、どうやったら参加人数を増やすことができるかというアンケートを配ったことがあったようだ。その学会では、毎年、五百名は入ることのできる会場に参加者が十名くらいだったのだ。

けっしてつぶすことはない

しかし、一度できた学会は財団や外郭団体のように、けっしてつぶすことはない。それを持っている学会のボスや周辺の医者が会頭を持ち回りでやるということに、意義があるからだ。大学病院の外来待合室の壁には、〇〇先生は学会のため休診です。代詩はXX先生ですという掲示が出ていることが多い。学会へ行くという言葉は、ほかのすべてを超えることができる。それだけ大学病院は研究優先の医療機関であるということだ。

しかし、患者が求めているのは医療であって、医者の自己満足の研究ではないその原点に戻り、医者の行なっている研究、学会のあり方をどこかで規制するなり、公開して第三者からの評価を受けるべきではないだろうか。その医者が出席している学会が無駄で進歩のないものだとすれば、病院の仕事を休んでまで行く意味はどこにあるのだろうか。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

尿路結石になった男性-健康って何か分からなくなる

35歳のSさんは、深夜激しい腹痛に襲われ、救急車で運ばれた。あんなに健康的な食生活を送ってきたのに、どうして・・Sさんは嘆くことしきりである。病名は尿管結石。ちょうど水の出ているゴムホースの先を指で押 …

no image

これは高収入!腎臓内科の転職案件を紹介してくれるサービス

腎臓内科は経験がものを言う分野と言われていて、腎不全が進行する症例が多く、幅広い知識と経験が必要なようです。腎臓内科の分野でキャリアを深めていくためには、急性期基幹病院、大学病院などで腕を磨いていくか …

no image

医者を志すのは若いほどいいのか?

アメリカの場合などは、メディカルスクールといって、大学を出た人が医学部のような学校に入る仕組みなので、もとの専攻とは違う形で医者になる人や、社会人を経験して医者になる人はざらにいる。しかし、そういう人 …

no image

主任教授までの道のりに嫌気がさし転職したいならこのサービスで

教授という肩書きはむしろ、ある種の名誉職として与えるほうがいいのかもしれない。いまのところ、主任教授という絶対的権力者は、医療の最終目的である患者のためにという考えからは、遠い存在であると言われている …

no image

大変役立つ耳鼻咽喉科の医師が利用したい求人紹介会社

耳鼻咽喉科の求人数はそれほど多くはありません。街を歩くとそこら中に耳鼻咽喉科のクリニックがあるので、医師の求人は多いように感じますが、意外にそれほど奥はありません。 耳鼻咽喉科は、他の科と比べると、ど …