雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者が患者の場合一つのミスもなくさなければいけない-用語集

投稿日:2014年11月23日 更新日:

・患者が医者

医者だって当然病気になるが、その場合の主治医の感想としては、やむにくいの一言に尽きる。ハイレベルな治療を一つのミスもなくさなければいけないので、すごくプレッシャーがかかるのだ。小児科の医者が産婦人科に入院したり。外科の医者が内科に入院したりする。なぜなら、手の内は全部読まれているし、下手な治療はできないからだ。

・看護婦

法律的には、看護婦は医者の指示によって医療行為を行うと規定されているので、それを拡大解釈して、看護婦をメイドかお手伝いさんくらいにしか考えていない医者もいるのだ。悪い医者の中には、看護婦を看護婦と思わない人もいる。もちろん、こういう傲慢な医者ばかりではないが。

・机下

たとえば外科に通院中の患者が、たまたま内科の病気も発病した場合は、外科医は内科医に依頼状を書くし、それを受け取った内科医は外科医に返事を書く。その宛て名は〇〇様や〇〇殿とせずに、〇〇先生御机下か、〇〇先生御机下と書くのが慣習となっている。医者どうしは、よく手紙をやりとりする。といっても、別に文通しているわけではない。ちゃんと、机の上に置くのである。もちろん、相手の医者の机の下に手紙を置くわけではない。

漢方薬

・漢方薬

漢方薬は、開業医は漢方薬をよく使う。その理由は、お金が儲かるからだ。数種類の植物をもとにして作った薬であるが、大学病院の医者は東洋医学をバカにして、漢方薬をあまり使わない。薬の値段も高いし、副作用が少ないので長期間使うことが可能なのである。

・学会

最近は医者とプロパーが癒着すると大問題になってしまうが、昔はかなり自由だっただから、学会発表に使うスライドの作成や、文献のコピー、それに新幹線の切符の手配までもプロパーに依頼するのが普通であったらしい。製薬会社のセールスマンが病院に出入りしているが、彼らのことをプロパーまたはMRと呼んでいる。見返りとして、そこの製薬会社の薬をたくさん処方してあげるのだ。

・カゼの処方

不思議なことに、医学部の授業ではカゼの治療法は殆ど習わないし、医師国家試験にカゼの治療法が出題されることもない。世の中で一番多い病気は何か?それはカゼであるが、卒業して医者になってから、自分で勉強するのだ。医学部の授業で習うのは、日本で数百人しかいない珍しい病気や、なかなか治らない重い病気についてである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ストーカーとは?心理や特徴

ストーカー行為は、対象相手を待ちぶせしたり、乱暴や脅迫などの行為をする人のことを指す。あからさまな嫌がらせなどをしなくても、ストーカーと判断されることもある。 家に押しかけたりするのを続ければ、ストー …

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが、実際はちょっと違うようです。入院した経験のある方に聞くと、あの教授(回診っていうのは、イヤだったな …

no image

医者が開業医を目指しアルバイトを増やす際に利用したいサービス

医師が開業院を目指す場合、開業資金をかなり集めないといけません。本気で開業を目指している医師の中には、常勤だけではお金が貯まらないので、アルバイトもしながらお金を稼いでいる医師もいます。 非常勤のアル …

no image

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか?多くの人がかかりつけのお医者さん、をもっていない理由として、三つほど考えられます。 ・大病院の専門 …

no image

医者に必要な能力は少ないが親切な場合には気をつける

親切で能力のない医者につかまらないための提案を、いくつかしたいと思います。 ・患者離れがいいか? 他の医療機関に行きたいのことに対しては専門医を紹介してくれるかなどは、どんなお医者さんかを見極めるポイ …