雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

イスラム教では犬は不浄としている

投稿日:

聖ロクスの物語。グリジオはドン・ジョンを主人ときめた。彼は、ドン・ジョンが必要とするときに馳せ参じる護衛であり友達だった。次第にサレジオ修道会も成功し始めた。いまでは大衆も、政府も、地元の住民も、みなしごも、そして悪者たちも、ドン・ジョンを邪魔者とは考えなくなった。長い苦労の果てに、ついにドン・ジョンはガリバルディ政府を説得して、自分の学校の運営を任せられるようになった。彼の教育その他の計画も、妨害を受けることなく順調に運んだ。もうグリジオの勇敢な働きも必要ではなくなった。

他人のためを思う彼の優しさに感動し、みんなが彼を守り助けるようになった。ある晩、聖者が修道院の食堂で夕食をとっていると、グリジオがふたたび姿を現した。彼はドン・ジョンの衣に頭をこすりつけ、静かに手を証めてから、ジョンの膝にためらいがちに前足をのせた。グリジオの姿はその後二度と見られなかった。そして大きな灰色の犬は、背を向けると音もなく闇の中へと出ていった。

ザビエル・マルミエはこう書いている

一九世紀半ばにザビエル・マルミエはこう書いている。彼らがいなければ大量の腐敗物が空気の中に病原菌をまき散らすであろう。この動物はおぞましくはあろうとも、コンスタンチノープルの都には必要悪なのだ。この都のふがいない警察に代わって、彼らは通りを清掃してくれる。イスラム教信者にとって、犬に触れることは犠れを意味し、清めの行為が必要とされる。犬が食べたり飲んだりした腕は、七回洗ったあと砂でこすって清めてからでなければ、人間は使えない。

彼らは狂犬病その他、さまざまな病気を運んできた。野良犬の群れが多くのイスラムの中心地で厄介な問題となった。しかし、彼らが汚物を食べる習慣は、犬事な役目もはたすと考えられた。預言者マホメットは、メディナの町に群れる野良犬の処置に頭を悩ませたことがあった。最初マホメットは、すべての犬を抹殺するという強硬な手段を考えた。しかし、大きくふたつの理由から考え直し、布告をゆるやかに改めた。犬はアラーの神が作り出した生き物である。その生き物を地上から抹殺する命令を下せるのは、それを作った神のみであると言ったのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

聖パトリックの一生は犬と縁が深い

聖女マルガレーテを描いた絵には、昔からきまって彼女のスカートの端をくわえる犬や、鎖につながれて彼女のかたわらにいる犬が描かれている。また、犬が聖者や賢者の徳の高さを敏感に察知する例も記されている。のち …

no image

ペット医療など色々と進化したペットショップ

あるペットショップのビジネスモデルは、ペット病院が医療サービスの品質向上に専念できる環境整備の支援と、医療の視点からペット病院と共同で推進できる分野に限ったサービス開発をめざしているところに革新性が見 …

no image

ペットには前世はあるのか

ペットには前世はあるのか興味がある方もいるだろう。 物理学の最新学説を用いることによって、精神の超常的な作用を解明しようと試みた名著『ホログラフイック・ユニヴァース』の著者、マイケル・タルボットは、飼 …

no image

ドッグトレーナー訓練士が聞かされる飼い主の言い訳

私の犬は本当はとても利口で、なんでも教えられたことはわかるんです。学校教師と同じく、犬の訓練士はひっきりなしに次のような言葉を聞かされることになる。これに続いて並べたてられるのは、次のような言い訳であ …

no image

犬の匂いつける行動-鼻をつく刺激臭をたてる行為

ある家族は、テッサという名の素晴らしい雑種犬を持っていて、田舎の農場へもよく一緒に連れていく。農場の裏手に大きな排水溝があり、そこがかき回されると季節によってつんと鼻をつく刺激臭をたてる。一度、私はく …