雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラム共和国を支持する可能性があることが示さた

投稿日:

彼らはイラクに対するアメリカの覇権に強く反対した。アメリカが支持する野党の指導的人物もすぐに、戦後のイラクでは国連が主要な役割を演じるべきだと要求し、アメリカが国の再建やフセイン後の政府を支配することを拒否した。誰がイラクを支配するべきかという問題は、論争の最大の争点であり続ける。多数を占めるシーア派は、発言権が得られるならばイスラム共和国を支持する可能性があることが示されている。

米国政府が選んだ人物ですら、米占領軍を優先させて彼らを脇役に押しやる計画には、積極的に抗議した。アメリカの政策立案者たちが他の地域で同じ路線を歩み続けることは、疑う余地がないだろう。正規の民主主義であれば構わないが、それは政府が新しいヨーロッパのように、命令に従う場合に限るのである。イラクで選挙が行われ過激派が勝利すれば、我々は決して彼らに支配権を握らせない。

戦後イラク民政の組織図が例証に

従って、多数を占めるシーア派がフセイン後のイラクで重要な発言権をもち、この地域の諸国と共にイランとの関係を改善するために努力するのであれば、彼らは過激派となり、そのように扱われるのである。ブッシュ一世の国家安全保障担当補佐官のブレント・スコウクロフトは中道派を代表して述べた。アメリカの考え方の基本方針は、戦後イラク民政の組織図が例証になっていた。

そこには一六個の四角が描かれ、大統領特使であるボール・ブレマー(国防総省に従う形で)を頂点に、太字で書かれた名前とそれぞれの任務の名称が図の下方に記されていた。歴史はでたらめだと決めつけない限りは、過激派とされる非宗教的な民主主義信奉者が勝利しても、同じ結果になるだけだろう。組織図の最底辺に、他の三分の一ほどの大きさの一七番目の囲みがあり、そこには名前も学の活字もなく、職務も記されていない。囲みの中にはこう書かれている。イラク人軍事顧問、と。七人は将軍、その他はほとんどが政府職員で、イラク人は一人もいない。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と好戦的な姿勢には反対だった

エリートの抱く危惧の念は、ブッシュ政権の急進的なナショナリストが世界の世論に与える影響にまで及ぶ。こうした事実は、間違いなく指導者への信頼が全体的に低下した要因だ。世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と …

no image

ヨーロッパ諸国を実物教育

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは …

no image

マルコスがもはや政権を維持できなくなるまで支持していた

お気に入りのよい共産主義者が抹殺されるとすぐ、米国政府は恐ろしい重荷がルーマニアから取り除かれたと宣言し、同時にサダム・フセインに対する融資の禁止を解除した。それはアメリカの輸出を増やす目的を達成し、 …

no image

分離運動が正統な支援の対象になりうるのはいつなのか

いったい分離運動が[正統な]支援の対象になりうるのはいつなのであろうか?彼らの成功が、[国家として承認される]価値を生むのであろうか?ミルの議論は、部分的にはそうである。すなわち、正統な国民[nati …

no image

西側世論がNATOの介入を支持するように仕向けること

国連は難民登録を始めた。こうした基本的な事実は、一九九九年三月にミロシェヴィッチが起訴された時にはよく知られていた。西側の富裕国の記録資料は三月二四日の空爆が始まるまで重大な変化を何一つ記していず、あ …