雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

投稿日:

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八年にヒンドゥー至上主義の右翼が政権を掌握して以来、インドは国際的なスタンスを大きく変え、アメリカ及びその顧客国イスラエルと密接な軍事関係を結ぶ方向に動いた。三国同盟は中央アジアの一部まで拡大され、最近ではインドも含むようになった。

ワシントンでアメリカ・ユダヤ人委員会に向けて演説した際に、インドの国家安全保障担当補佐官ブラジェシュ・ミシュラはアメリカーイスラエルーインドの三者関係を発展させ、政治的意思と道徳的権威をもち勇気を奮い起こしテロと戦おうではないかと呼びかけた。イデオロギーはイスラエルのシャロンが説く強烈な権力意識と激しい主戦論と変わらない。それはヒンドゥー教徒とユダャ教徒(及びキリスト教徒)がイスラムと儒教に対して戦略的同盟を形成していると見なすものである。

インドとイスラエルはどちらも

インドとイスラエルはどちらもかなりの軍事大国であり、核兵器とその運搬手段を保有している。ビドワイによれば、インドとイスラエルの政治軍事面での接触の深まりは、影響力あるイスラエル・ロビー団体が米国内で協調することで更に促進されているという。そして、この新たな提携関係は不穏な地域とその周辺にまで、大量破壊兵器の拡散とテロと無秩序をもたらす、もう一つの要因となっている。

第一次世界大戦後、産業界が石油中心の経済へと移行し、中東で莫大な石油資源が発見されると、国際紛争は激化した。世界情勢を見抜く洞察力など特になくても、中東における憎悪の大釜が煮え続けることは予測がつく。第二次世界大戦後は、アメリカの政策で優先すべき事柄は、これほど巨大な資源と戦略上の重要性をもつ地域を確実に支配すること、となった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置 …

no image

アメリカが核攻撃サイレンの脅しをかけても

アメリカはヨーロッパを人質に取られていると思っていたので、ソ連に協力を強制することができなかった。アメリカが核攻撃の脅しをかけても、ソ連は通常戦力でヨーロッパに侵攻すると脅迫することができたのである。 …

no image

過激な政策制度を公式に宣言

チェイニーラムズフェルドパウエル及びその仲間は、過激な政策を公式に宣言していた。必要であれば軍事力にもの言わせて、永久に世界の覇権を握ることを目指す政策を発表したのだ。大国はやりたいことをやり、小国は …

no image

9・11の後、アメリカを包んだ世界各国からの同情の波

イラク侵攻が始まった時、著名な歴史学者でケネディ大統領の顧問だったアーサー・シュレジンジャーはこう書いた。大統領は先行防衛を採用したが、これは帝国主義の日本が真珠湾で用いた政策と恐ろしく似通っている。 …

no image

国際法と国際組織への侮辱

国務省の法律顧問エイブラハム・ソーファーの説明によれば、世界のほとんどの国は我々と同じ見解をもつことを当てにできず、これら大多数の国はしばしば重要な国際問題に際してアメリカに反対するという。アメリカの …