雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラム過激派のテロリスト集団について

投稿日:

あの日のテロ攻撃は全く予期できなかったわけではない。対テロ戦争と言われているものは長く続きそうだが、二〇〇一年九月一一日に突如として重要問題になったのではない。そのことからも、9・11が急激な歴史の転換点だという広く信じられた説には疑問が生じてくる。そもそも、一九九三年に、ほぼ同様のことが起こった。新聞の見出しだけでも読んでいれば、また政府の政策立案者なら当然、何年も前から9・11のような惨劇が起こるかもしれないと気づいていたはずだ。

イスラム過激派のテロリスト集団については、少なくとも一九八一年以来よく知られていたはずだ。ずっと大規模な攻撃計画が、間一髪で食い止められていたことがその直後に明らかになった。9・11に関連があると思われる組織が、あと一歩で世界貿易センタービルを吹き飛ばし、恐らく数万人の犠牲者が出るところだったのだ。大規模テロの可能性は、9・11のずっと前から公然と語られていた。こうした計画が九月一一日に恐ろしい形で達成されても、危険度の評価はあまり変わらなかった。

米情報機関がそれを熟知していたのは

事件その他の似たような行動に関与した者たちの考えはかなりよく知られ、米情報機関がそれを熟知していたのは間違いない。この年、後にアルカイダの中核となるグループがエジプトのサダト大統領を暗殺し、その数年後には、アルカイダと緩やかな関係があったかもしれないグループが複数の攻撃で数百人の兵士や多くの民間人を殺害し、米軍をべイルートから撤退させた。

オランダ政府がスレブレニカの大鍵を調査して明らかになったところでは、イスラム過激派が世界貿易センタービルの爆破を企てていた一方で、CIAの作ったネットワークの人間がアメリカの指示によりアフガニスタンからボスニアに飛び、同時にイランの支援を受けたヒズボラ戦士と大量の武器も運ばれていた。情報機関は一九八〇年代から彼らをスカウトし訓練して武器を与え、彼らがアメリカを攻撃するようになっても、共に活動し続けた。バルカンの戦争で米国側を支援するためであり、その一方でイスラエルは(ウクライナとギリシャと共に)セルビア人に武器を提供していた(アメリカに提供された武器だったかもしれない)。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

米国政府は自国の優位を維持するためにあらゆる手を尽くす

米国政府は自国の優位を維持するためにあらゆる手を尽くすという意思を明らかにし、イラク問題に関しては国連安全保障理事会を無視すると発表して、軍事力の行使を管理する国連憲章にもはや拘束されるつもりはないと …

no image

北東アジアのパイプラインネットワークに関してアメリカは不安を抱く

中国はワシントンのタカ派から主要な仮想敵国と見なされており、多くの軍事計画がそれによって生じうる不測の事態に向けて準備されている。今後、この地域が独自の路線を歩む危険があれば、それは外交的解決への障害 …

no image

イラクに対するアメリカ固有の恐怖と誤解がなければ

国防総省は、更なる部隊の展開は先例のない規模の国内危機を引き起こす危険があると恐れた。一九六八年には、大衆に対する恐れの念はきわめて深刻になり、更に多くの部隊をべトナムへ送る事態になった場合、治安維持 …

no image

アメリカとイスラエルはアラブ諸国は軍事的な脅威にはならないと考える

アメリカでは、エジプトが平和を提案した一件は有名ではない。それどころか、知られてもいない。一九六七年以降、アメリカとイスラエルは、アラブ諸国は軍事的な脅威にはなりえないと考えるようになった。ヤミット市 …

no image

ヒスパニック系の麻薬密売人が社会の脅威になっていると大裂婆に宣言

ニューヨーク・タイムズ紙の法律問題アナリストのアンソニー・ルイスは、たびたび暴力的行為に及ぶ者に対する暴力は、自衛行為として正当化されるという法的主張を、レーガン政権がより所とすることを賞賛した。アラ …