雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラム過激派のテロリスト集団について

投稿日:

あの日のテロ攻撃は全く予期できなかったわけではない。対テロ戦争と言われているものは長く続きそうだが、二〇〇一年九月一一日に突如として重要問題になったのではない。そのことからも、9・11が急激な歴史の転換点だという広く信じられた説には疑問が生じてくる。そもそも、一九九三年に、ほぼ同様のことが起こった。新聞の見出しだけでも読んでいれば、また政府の政策立案者なら当然、何年も前から9・11のような惨劇が起こるかもしれないと気づいていたはずだ。

イスラム過激派のテロリスト集団については、少なくとも一九八一年以来よく知られていたはずだ。ずっと大規模な攻撃計画が、間一髪で食い止められていたことがその直後に明らかになった。9・11に関連があると思われる組織が、あと一歩で世界貿易センタービルを吹き飛ばし、恐らく数万人の犠牲者が出るところだったのだ。大規模テロの可能性は、9・11のずっと前から公然と語られていた。こうした計画が九月一一日に恐ろしい形で達成されても、危険度の評価はあまり変わらなかった。

米情報機関がそれを熟知していたのは

事件その他の似たような行動に関与した者たちの考えはかなりよく知られ、米情報機関がそれを熟知していたのは間違いない。この年、後にアルカイダの中核となるグループがエジプトのサダト大統領を暗殺し、その数年後には、アルカイダと緩やかな関係があったかもしれないグループが複数の攻撃で数百人の兵士や多くの民間人を殺害し、米軍をべイルートから撤退させた。

オランダ政府がスレブレニカの大鍵を調査して明らかになったところでは、イスラム過激派が世界貿易センタービルの爆破を企てていた一方で、CIAの作ったネットワークの人間がアメリカの指示によりアフガニスタンからボスニアに飛び、同時にイランの支援を受けたヒズボラ戦士と大量の武器も運ばれていた。情報機関は一九八〇年代から彼らをスカウトし訓練して武器を与え、彼らがアメリカを攻撃するようになっても、共に活動し続けた。バルカンの戦争で米国側を支援するためであり、その一方でイスラエルは(ウクライナとギリシャと共に)セルビア人に武器を提供していた(アメリカに提供された武器だったかもしれない)。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ソ連の脅威が常に語られグアテマラがソ連圏に武器を依頼すると

ソ連の脅威が常に語られ、グアテマラがソ連圏に武器を依頼すると、それに一層拍車がかかった。これはアメリカが攻撃を匂わせ、他国からの武器の供給も阻止した結果だった。一〇年にわたる希望と前進の幕間を、米国政 …

no image

民主主義を価値ある重要なものと考える新聞や雑誌なら

ラトヴィアの元外相によれば、我々は敬礼し、大声でイェス・サーと言わなければならない。どんな犠牲を払おうと、アメリカを喜ばせなければならないのである。民主主義を価値ある重要なものと考える新聞や雑誌なら、 …

no image

人口統計学の結果は確かとは言えないが一つの指標になる

人口統計学の結果は、確かとは言えないが、一つの指標になる。国連開発計画の推計では、一九九〇年代に男性の死者数は一〇〇〇万人増加した。その六〇年前にスターリンによる粛清の犠牲になった人の数とほぼ同数であ …

no image

ミサイル危機は人類史上、最も危険な瞬間だった

我々は今、とりわけ深刻かつ危険な時代に突入しつつあり、大量破壊兵器を入手できるかもしれない非情な敵、イラクを攻撃すべく準備を進めている。こうした危険多くの人々が指摘したように、安易に武力を行使した結果 …

no image

イスラエルは三〇年以上にわたり軍事占領を続けたにもかかわらず

イスラエルは占領地のパレスチナ人に、我々に解決策はない。基本原則は占領が始まった当初にモーシェ・ダャン将軍によって公式に表明されていた。この措置がどんな経過をたどるか、様子を見ることにすると告げるべき …