雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

駐英イスラエル大使暗殺未遂事件に飛びついた

投稿日:

一九八二年のレバノン侵攻とその直接の結果として二万人ほどの死者が出た。我々に責任がある犯罪は調査する必要がないから、まして処罰や賠償の対象にはならないという理由からであるが、この話題は欧米社会ではほとんど人々の関心をひかない。レバノン情報筋によると、その後の年月の死者数は約二万五〇〇〇人にのぼった。最終的にイスラエルは、アブ・ニダルが率いるテロリスト・グループが起こした駐英イスラエル大使暗殺未遂事件に飛びついた。

あらかじめ計画された一九八二年の侵攻では、イスラエルは口実を作るために爆破事件などの挑発行為を何度も試みて失敗した。イスラエルが直接的な反撃に出たところで、米国世論にとり全く問題ではなかった。アブ・ニダルは長年にわたりパレスチナ解放機構(PLO)と対立してきた人物で、PLOに死刑を宣告されていた。この口実に訴えるのは、米国世論をまとめる上でも好都合だった。ラファエル(ラフル)・エイタン参謀総長が、一九八二年のレバノン侵攻は成功だったと速やかに宣言した時、彼はイスラエル国内の共通の理解を反映していた。

信頼できるアメリカの専門家によれば

べイルートのサブラとシャティラの難民キャンプへの攻撃では、信頼できるアメリカの専門家によればー二〇〇人が殺害された。自衛というロ実がわずかにでも示された試しはなかった。この侵攻によってPLOの政治的地位をぐらつかせ、パレスチナ国家のための闘争を妨害できた。公開の場における論評とメディアの大半は、むしろ正当な理由もなく無実のイスラエル人がロケット攻撃された話や、同様の作り話を好んだ。

アメリカの有力知識人たちもPLOの政治的敗北を歓迎し、明らかにそれが戦韓目的と見て、同時にこの侵攻を正当な戦争(マイケル・ウォルツァー)として祭り上げた。とはいえ、今では時として真実も認められている。アメリカの主要メディアでこうしたことが報道されたのは、知る限り、これが初めてだった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

支配的なイデオロギー概念

再び西側は、ソ連が拡張しようとしているとみなした。ほとんどすべてについて何ほどかの誤解があったものの、これら6つの問題は深刻であった。これらの問題は交渉や着和によって解決可能であっただろうか?有和は機 …

no image

ブッシュ政権はEU、国連、露、米によるロードマップの公式発表を妨害

イスラエルの入植地はほぼどこでも、植民活動が急速に進められており、交通とアクセスのパターンに大変革をもたらしている。それは、大きく拡大されたイスラエルの中で統合されていったこれらの土地を恒久的に支配す …

no image

占領地、植民地に対する条約の適用を承認するものから棄権する立場へ

アメリカのスタンスは年月と共に変わり、占領地に対する条約の適用を承認するものから、クリントン時代には棄権する立場へ、そして最終的にブッシュ二世のもとで条約を骨抜きにする立場へと変化した。義務を拒否し続 …

no image

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法 …

no image

トルコから老朽化したミサイルを撤去するというアメリカの暗黙の約束

長い間、当事者たちは解決策の取引面についてあまり多くを語らなかったが、後の証拠が示すように、トルコから老朽化したミサイルを撤去するというアメリカの暗黙の約束が、当時考えられていたよりもおそらくより重要 …