雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラエルが過去四〇年間とってきた政策は選択肢を大幅に弱めた

投稿日:

一九七一年には、選択肢は明確に示されていた。エジプトのアンワル・サダト大統領がイスラエルに、エジプト領からの撤退と引き換えに完全な平和条約を結ぶ提案をした時のことである。イスラエルにはこの地域の米軍基地となり、アメリカの要求に従う以外にほとんど道はない。イスラエルが過去四〇年間とってきた政策は、この国の選択肢を大幅に弱めた。

当時、イスラエルの駐米大使だったイツハーク・ラビンは、回顧録の中でこの有名な提案は平和への道の道標だったと述べているが、そこには悪い知らせも含まれていたとする。イスラエルがエジプト領から撤退することである。サダトはパレスチナ人には何も提供せず、その他の占領地に関しても言及しなかった。イスラェルは宿命的な選択を迫られた。平和とこの地域への統合を受け入れるか、対決にり、それによりアメリカに依存せざるをえなくなるか、である。

我々は平和を手に入れることもできる

アメリカの公式政策にも沿っていたし、一九六七年一一月に国連安全保障理事会で採択された基本的な外交文書である決議二四二に即したものでもあった。我々は平和を手に入れることもできる。だが、このまま持ち堪え続ければ、より多くを勝ち取れると、ハイム・パーレヴ将軍は、与党労働党の指導者だが、労働党機関紙に寄稿した際共通の理解として述べた。この地域の住民は強引に砂漠へと立ち退かされ、ユダヤ人だけが住めるヤミット市が建設されたのだ。

当時、最大の関心事だったより多くとは、シナイ半島の北東部を指していた。一九七二年には、後に大統領になるエゼル・ワイツマン将軍が、拡大を伴わない政治解決は、イスラエルが今ではこの国が体現する規模と精神及び質に見合った形で存在できないことを意味すると付言した。問題になるのは、米国政府がどんな反応を示すかだった。内部で議論した後、政府は公式政策を放棄し、キッシンジャーの手詰まり原則を受け入れることにした。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

正当な自衛や善意の行動を誤った取り組みに変えることだってできる

権力に服従するイデオロギーのシステムは、事実上どんな行動であっても、大衆に根ざした唯一の政党を壊滅させるための大量虐殺への加担(南ヴェトナムやインドネシアのように)にしろ、国際テロ(キューバのように) …

no image

ソ連の脅威が常に語られグアテマラがソ連圏に武器を依頼すると

ソ連の脅威が常に語られ、グアテマラがソ連圏に武器を依頼すると、それに一層拍車がかかった。これはアメリカが攻撃を匂わせ、他国からの武器の供給も阻止した結果だった。一〇年にわたる希望と前進の幕間を、米国政 …

no image

民主的な統治に対する最大の障害

米州機構事務局長はネオリべラルのグローバリゼーションを強力に推進する人物だが、年次総会の冒頭で、資本の自由な移動というグローバリゼーションの最も望ましくない特徴。その懸念は、アダム・スミスまで遡るもの …

no image

植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっている

文明国の使命を明記する上で、現在よく使われる一つの公式は、植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっており、ボストモダン社会が掲げてきた秩序と自由と正義の原則を世界の他の地域に普及させなければならない …

no image

国際テロリストの中でも悪名高いボサーダ

一九九七年にキューバで起こった爆破事件では、イタリア人旅行者一名が犠牲になり、マイアミまで追跡調査が行われた。犯行声明はマイアミを拠点とするグループから出ていた。ミサイル危機の三〇周年を迎えた年に、キ …