雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラエルが過去四〇年間とってきた政策は選択肢を大幅に弱めた

投稿日:

一九七一年には、選択肢は明確に示されていた。エジプトのアンワル・サダト大統領がイスラエルに、エジプト領からの撤退と引き換えに完全な平和条約を結ぶ提案をした時のことである。イスラエルにはこの地域の米軍基地となり、アメリカの要求に従う以外にほとんど道はない。イスラエルが過去四〇年間とってきた政策は、この国の選択肢を大幅に弱めた。

当時、イスラエルの駐米大使だったイツハーク・ラビンは、回顧録の中でこの有名な提案は平和への道の道標だったと述べているが、そこには悪い知らせも含まれていたとする。イスラエルがエジプト領から撤退することである。サダトはパレスチナ人には何も提供せず、その他の占領地に関しても言及しなかった。イスラェルは宿命的な選択を迫られた。平和とこの地域への統合を受け入れるか、対決にり、それによりアメリカに依存せざるをえなくなるか、である。

我々は平和を手に入れることもできる

アメリカの公式政策にも沿っていたし、一九六七年一一月に国連安全保障理事会で採択された基本的な外交文書である決議二四二に即したものでもあった。我々は平和を手に入れることもできる。だが、このまま持ち堪え続ければ、より多くを勝ち取れると、ハイム・パーレヴ将軍は、与党労働党の指導者だが、労働党機関紙に寄稿した際共通の理解として述べた。この地域の住民は強引に砂漠へと立ち退かされ、ユダヤ人だけが住めるヤミット市が建設されたのだ。

当時、最大の関心事だったより多くとは、シナイ半島の北東部を指していた。一九七二年には、後に大統領になるエゼル・ワイツマン将軍が、拡大を伴わない政治解決は、イスラエルが今ではこの国が体現する規模と精神及び質に見合った形で存在できないことを意味すると付言した。問題になるのは、米国政府がどんな反応を示すかだった。内部で議論した後、政府は公式政策を放棄し、キッシンジャーの手詰まり原則を受け入れることにした。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカによるアフガニスタンの空爆を正当化するなら

米英によるアフガニスタン爆撃を正当化するために提示された法的論拠について考えてみよう。彼の言葉は、タリバンやアルカイダに対するよりも、ニカラグアに対するアメリカの戦争の方に遥かにびったり当てはまる。ク …

no image

ニカラグア人の希望は超大国の介入によって打ち砕かれた

ナチス・ドイツや南アフリカやソ連、更には米国防総省によって、幅広く模倣された。自国民に対する支配的な態度を率直に説明したもので、国内の敵はしばしば徹底的なプロパガンダによって統制しなければならないが、 …

no image

新思考外交と名づけられたゴルバチョフの外交政策

1991年12月には、ソ連は崩壊していた。「新思考外交」と名づけられたゴルバチョフの外交政策も、冷戦の終結に貢献した。この政策には2つの重要な側面があった。1つは、コンストラクテイヴィストが強調する革 …

no image

アメリカからイスラエルへの援助金は達成度を条件とするようになる

アメリカからイスラエルへの巨額の援助金は初めて、イスラエル側の達成度を条件とするようになった。とはいえ、それはロードマップの条件履行に関してではなく、公共郡門の仕事と賃金を削減し減税する経済計画におけ …

no image

ソ連の拡張主義が正当化されたように思われた

アメリカがヴェトナムでの内戦に介入するという手痛い過ちを犯したのは、この文脈でであった。ほぼ20年間1955-1973年)にわたって、アメリカはヴェトナムでの共産主義支配を阻止しようとして、5万800 …