雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラエルとパレスチナの関係の悪化の食い止め

投稿日:

米国側に加わったのは、イスラエルと太平洋諸島の幾つかの属国及びコスタリカだった。この撤回は、それが本心からのものだとすれば、政治解決を図る可能性をほぼ排除することになる。従来のパターン通り、こうしたことはいずれもアメリカでは報道されなかったようだ。

ブッシュ政権はまた、イスラエルとパレスチナ人の間の悪化しつつある状況を食い止め、新たな武力衝突が二〇〇〇年九月に始まって以来、現地でとられたあらゆる措置を覆し、平和条約を推進する国際的な取り組みを呼びかけた決議(一六〇対四で可決ー米国側にはイスラエルとミクロネシア及びマーシャル諸島が加わった)に反対票を投じることによって、暴力を維持し続けてもいるのである。

ブッシュはまたテロリストの親玉であるシャロンを平和の男と宣言し、アラファトをアメリとイスラェルの要求に応じる首相と交代させるべきだと要求した。もっとも、アララァト氏とは異なり、その人物には民衆の信奉者はいないのだ。二〇〇三年二月、ブッシュはニューヨーク・タイムズ紙がイスラエル・パレスチナ紛争に関する、八カ月ぶりの重要な発言と呼ぶものを、極右のアメリカン・エンタープライズ研究所における講演で発表した。ブッシュは遠回しながら、イスラエルが占領地で入植と開発の計画を続けるのは構わないと宣言した。

入植計画は違法だと考えられていた

かつては、入植計画は違法だと考えられており、少なくとも役に立たないものとされていた。演説はおおむね空疎なものだったが、確かに一つだけ重要な発言があった。ブッシュによるこの唯一重要な発言もまた、政府の公式政策を覆すものだった。今ではそれが暗黙のうちに承認されたのだ。

9・11から一周年を迎えた折りに、大統領は富裕国イスラエルへの追加資金として二億ドルを提供、一方、ァラガニスタンへの緊急援助の追加に一億三〇〇〇万ドルを拠出することは拒否した。これはアメリカだけに限ったことではない。優先される価値観は、しばしば言外に灰めかされている。政府の肩をもつ人は、公式政策はほぼ変わることなく続いた現状に合わせたものなのだ、と主張するかもしれない。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

直接統治ではなく間接統治をしていたイギリス

ウィンストン・チャーチルのような一部の人間は、アラブ人(主にクルド人とアフガン人)を服従させるため、毒ガスを使用する考えに現を抜かしていた。帝国側の政策担当者にとって都合のいいことに、この頃民間人を支 …

no image

大惨事に発展しうる重大な危機を前に指導者が脅迫や武力に訴えた例

アメリカ人の多くは例外的な特権と自由を享受し、それゆえに将来を左右する能力をもっている。だからこそ、特権につきものの責任には慎重に対処しなければならない。この国の行動と指導原理は、地球上に住む全ての人 …

no image

カラザスは民主主義への貢献の精神解明のため入念な仕事をした人物

カラザスは、レーガン時代に民主主義への貢献の真の精神解明のため、実に入念な仕事をした人物である。彼自身はレーガン時代に国務省が中南米で行った民主主義拡大プロジェクトの一員だった。彼は学者としての観点と …

no image

アメリカの権力の傘下にあるから問題が公共の場で議論されない

一九九二年から九四年に戦略軍最高司令官だったリー・パトラー将軍は次のように述べた。我々が中東と呼ぶ憎悪の大釜の中で、どうやら一つの国が備蓄した大量の核兵器で武装しており、その数が恐らく数百発にのぼる事 …

no image

ジュネーブ第四条約がイスラエルの占領地に適用されることは

二〇〇〇年一二月、ブッシュ政権は、欧州連合が提出した安保理決議に拒否権を発動して、諸外国を晒然とさせた。決議は、アメリカのミッチェル報告の実施を求め、国際的な監視団を派遣して暴力に終止符を打つことを呼 …