雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラエル国防軍がどれほどの弾丸を発射したかの調査を依頼

投稿日:

著述家や論評者はイスラエルの他の時事解説者と共に、総意の形成の深刻な危険について警告した。それによればイスラエルの状況で民主義的な配慮は警沢であり、ファシズムの徴候があるとされる。とりわけ注目に値するのは、首相が元参謀総長であり、その他の文官もやはり軍上層部出身だ院にもかかわらず、そうした態度が示されたから。カスピットの意見は、インティファーダが始まった当初、文民政府からの命令に対して軍上層部が軽蔑の念をあからさまにしたことを契機として述べられたものだ。

軍情報機関の責任者は戦闘行為が始まってからイスラエル国防軍がどれほどの弾丸を発射したかの調査を依頼し、インティファーダの最初の数日間に一〇〇万発の弾丸その他が使用されたことを知り、他の将軍たちと共に標然とした。強大な軍が、ほとんど無防備な相手と対峙する場合はいつもそうだが、イスラエル国防軍も速やかに極端な暴力手段に訴えた。全ての子供に一発ずつだと、司令部の上層部にいる士官の一人は嫌悪を露わにして述べた。

イスラエル国防軍の計算では

イスラエル国防軍の計算では、パレスチナ人とイスラエル人の死者の割合は、インティファーダの最初の一カ月には、軍事占領下にある地域でほぼ二〇対一(パレスチナ人七五人、イスラエル人四人)となっていた。軍の情報筋によれば、ある事件では、ヨーロッパからの監視団員に現実を示すため空に向けて一発撃ったところ、イスラエル兵と戦車が二時間にわたって激しい砲火を浴びせたことが確認されている。こうした地域では、投石以上の抵抗が見られることはほとんどないのだが。

アメリカから提供された巨大なブルドーザー部隊も出動し、家屋、畑、オリーブ畑、そして森林を手当たり次第破壊した。当初から、イスラエルは米国製軍用へリコプターを使用して民間の標的を攻撃し、何十人もの民間人を殺害し負傷させてきた。こうした行動は、イスラエルをブルドーザーの同義語に変え、漢に花を咲かせという建国の理想を覆した政策に基づいて行われた、とある記者は辞易しながら書いている。クリントンは、過去一〇年以上で最大規模の軍用へリの取引をしてそれに応じた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

パレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使

一九七六年に、アメリカはイスラエルと並存する形でパレスチナ国家建設を要求した決議に拒否権を行使した。一九七〇年代半ばになり、パレスチナ問題が国際的な議題に上がるにつれ、アメリカとイスラエルの外交面での …

no image

フランスを安全保障理事会から追い出し代わりにインドを入れるべき

インドの方が最近ではフランスよりもよほど真撃であり、フランスは、幼稚園でよく言われるように、他の人とうまく遊べない。トマス・フリードマンは、フランスを安全保障理事会から追い出して、代わりにインドを入れ …

no image

ソ連の行動を純粋に防御的とも言い切れない問題

冷戦期を通じて、ソ連は決してヒトラーのように好戦的でも無謀でもなかった。にもかかわらず、ソ連の行動を純粋に防御的とも言い切れない問題が、いくつかあった。ペロポネソス戦争でもわかるように、2極化した世界 …

no image

ヒスパニック系の麻薬密売人が社会の脅威になっていると大裂婆に宣言

ニューヨーク・タイムズ紙の法律問題アナリストのアンソニー・ルイスは、たびたび暴力的行為に及ぶ者に対する暴力は、自衛行為として正当化されるという法的主張を、レーガン政権がより所とすることを賞賛した。アラ …

no image

世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と好戦的な姿勢には反対だった

エリートの抱く危惧の念は、ブッシュ政権の急進的なナショナリストが世界の世論に与える影響にまで及ぶ。こうした事実は、間違いなく指導者への信頼が全体的に低下した要因だ。世界の世論はブッシュ政権の戦争計画と …