雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イスラエルは三〇年以上にわたり軍事占領を続けたにもかかわらず

投稿日:

イスラエルは占領地のパレスチナ人に、我々に解決策はない。基本原則は占領が始まった当初にモーシェ・ダャン将軍によって公式に表明されていた。この措置がどんな経過をたどるか、様子を見ることにすると告げるべきなのだ。去りたい者は去ればいい。第二次インティファーダでは事情は異なった。パレスチナ人は苦難に耐えるが、ほとんど報復しないサミディン耐えることで抵抗する人々となったままだった。

イスラエルは三〇年以上にわたり軍事占領を続けたにもかかわらず、占領地内部からの報復を受けず安全性を誇ってきたが、その安全神話はこの時大きく崩れた。パレスチナ人を容赦なく弾圧し、頭をもたげないように教えよという命令は、暴力の応酬をエスカレートさせ、イスラエル内部にもそれが及ぶようになった。二〇年前の危惧の念を繰り返しながら、イスラエルの主要日刊紙の社説は次のように結論した。パレスチナのテロに対する二年半に及ぶ激しい闘争は、イスラエル国防軍を冷酷で無慈悲な軍隊に変え、軍事行動の結果など気にも留めずに任務を遂行する戦力に変えた。

効率のよさは敵に長師の念を揺き立てるが

効率のよさは敵に長師の念を揺き立てるが、そのイメージは身の毛のよだつものでもある殺害されたパレスチナ人とイスラエル人の公式の割合が二〇対一から、ほぼ三対一に変化するにつれ、それまで残虐行為に無関心か、もしくはそれを支持していた米国内の態度は激しい怒りに変わった。

数世代にわたって清廉な軍隊という神話で兵士を育て、厳しい決断を下しながら、慈悲深い配慮を忘れない、道徳的で思慮深い兵士という理想を掲げて司令官を教育してきた国防軍は、殺人マシンと化しつつあった。こうした行為は確かに非道なものだった。アメリカの無実の顧客が被った残虐行為に対する怒りである。だが、注意深く見れば、事実は自ずと明らかになる。とりわけ、その根本的な原因が征服者の文化と歴史にあるとなれば。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ケネディにとってミサイルの存在は耐えがたいものであった

10月16日火曜日の午前9時直前に、ケネデイの寝室に国家安全保障問題担当大統領補佐官のマクジョージ・バンディ(McGeorgeBundy)が「最も深刻な問題」が起こりつつあることを示す写真を持ち込んだ …

no image

ムッソリーニとファシズムかジオリッティと社会主義か

ムッソリーニとファシズムか、ジオリッティと社会主義か。イタリアは明白な選択を迫られている、と彼は国務省宛に書いた。ジオリッテイはイタリアのリべラリズムの指導的人物だった。ファシズムへの支持は直ちに表明 …

no image

武装解除、攻撃抑止力、そしてテロとの関連の問題だけに限定

体制側の評論家は、イラク攻撃に関する意見を述べる時、政府の主張の中で真撃に意図されていると思われる事柄だけに問題を限定していた。武装解除、攻撃抑止力、そしてテロとの関連である。フルシチョフがキューバに …

no image

アメリカ本土に対するテロ攻撃の後に

軍事介入を行うのは大国のみではない。たとえば1979年に、タンザニアがウガンダに軍を送り、ヴェトナムもカンボディアに侵攻した。 2001年9月のアメリカ本土に対するテロ攻撃の後に、アメリカはアフガニス …

no image

核兵器や非通常兵器と共存する時代

冷戦は終結したかもしれないが、核兵器や非通常兵器と共存する時代は、まだ終わっていない。冷戦の2極構造の終焉によって、アフガニスタンやカンボディア、アンゴラ、ソマリアから外国軍は撤収したが、共同体間での …