雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師国家試験の合格率は医学部のレベルを反映しなくなった

投稿日:2014年11月20日 更新日:

いまさらながら、新設医大の果たした役割を考えてみると、日本の医療事情が見えてくる。多くの新設医大は、首都圏の近郊に多く、既設の医学部に比べれば立地条件は悪い。同じ頃、ファミリーレストランのチェーン展開が始まったが、やはり車での来客を狙ったものだった。しかし、比較的広く土地が確保できたことから、車を使っての来院が多い。広い駐車場が特徴といってもいいかもしれない。

卒業生は国立系大学の医者より従順で、患者さんへの当たりもいい。おかげで、地域での医療には必要なものと評価されてきている。しかし反面、そのなかで働く医者への負担が大きくなったことは否めないようだ。

既設の医学部は他の医療施設からの紹介を中心に医療を行ない、専門性を高めていた。新設医大は自治体からの補助金を得るために、救急医療や夜間外来など、公立の病院では労働組合の関係もあってできなかったことを、どんどん受けていった。そういう意味では新設医大は研究施設というより、その地域での総合病院的議要素が強くなっているという。

医師国家試験の合格率はみな一様に

合格率が医学部の医大の医師国家試験の合格率が極端に悪かったことから、その合格率が医学部の評価と考えられた時期もあった。しかし、新設医大でも懸命に医師国家試験対策、さらに入学者のレベルアップを行ない、医師国家試験の合格率はみな一様になってきた。昭和四十五年頃に設立された私立医大の数多く作られた。創設者の一部は開業医から出発して病院を作り、その最終的な医療機関として、医科大学を作り上げた。

そのために現在では、医師国家試験の合格率は医学部のレベルを反映しなくなったと同時に、マスコミも新設医大に対する興味を失ったかのように見える。非常にわかむやすい医師国家試験合格率というバロメーターを失ったために、マスコミは医学部への評価方法をなくしてしまったようだ。医療や研究内容のレベルまでチェックしきれないためだろう。

同時に医者の収入の落ち込みが激しく、勤務医なら、一流会社の社員の収入とあまり変わらなくなり、マスコミが話題にする医者は儲かるという切り口もダメになってきたようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

一般外科の先生が転職したいと思っているなら・・

一般外科医の求人は比較的多いとは言えますが、医師が不足しているということはありません。比較的充足しているようです。しかし、地方の現場では、医師の数が足りていないということもよくあります。 一言で一般外 …

no image

犯罪者の性格的特徴

犯罪者の多くが一般の人と同じような性格的特徴をもっていると知ったら驚くだろう。実は、犯罪者だからと言って、一般の人と全く違う性格的特徴があるわけではないという。 犯罪者の多くが自分とはまったく異なる存 …

no image

女医さんが転職をする場合に利用したいサービス

女医さんが転職を考え、求人を探す場合、結婚を射て子供が生まれたときに、転職を考えることがよくあります。また、結婚、出産だけではなく、単純に職場が嫌になって転職を考える女医さんもいます。 もしも転職を考 …

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわれる大学病院では、売店での買い物が患者の数少ない楽しみになっている。それなのに、店の状況はあまりにひ …

no image

トラウマとは英語で外傷という-色々な用語集

・トラウマ(trauma) トラウマとは英語でガイショー(外傷)のこと。 ・トーヤク(投薬) 考えてみれば、薬を投げるとはおかしなコトバだ。病院の窓口では、薬を手渡されるのが普通であり、薬を投げる病院 …